ピンクの電話みやちゃん姉妹が旅番組で宿泊した嬉野温泉の旅館

茶心の宿 和楽園

BS日テレで2016年9月1日に放映された『イチオシ!2日3日の旅』は、佐賀県の有明海から玄界灘を巡る女二人旅。旅人は、お笑いコンビ・ピンクの電話のみやちゃんこと竹内都子(たけうちみやこ)さんとお姉さま。お二人が宿泊した嬉野温泉(うれしのおんせん)の旅館 茶心の宿 和楽園(ちゃごころのやど わらくえん)をご紹介します。

ロビー 佐賀を代表する名湯・嬉野温泉。嬉野(うれしの)はお茶の産地としても知られ、和楽園は、お茶所・嬉野ならではのもてなしが評判を呼んでいます。宿に到着すると、ロビーでは茶香炉(ちゃこうろ)の香りが出迎えてくれます。

客室 日本庭園 客室に入ると、嬉野茶(うれしのちゃ)の香りに包まれます。落ち着いた和室に広がるお茶の香りが気分をリラックスさせてくれます(客室のタイプは 宿泊プラン の中から選べます)。お部屋でひと息ついたら宿自慢の温泉へ

露天風呂 こちら(上の写真)は番組の中で竹内都子さん姉妹が入浴した露天風呂。嬉野温泉は日本三大美肌の湯だけに、ご婦人方にはうれしい温泉です。

お茶風呂 こちらの露天風呂には、急須型の湯口にナント嬉野茶が入っているんです。香りだけではなく、肌でもお茶を感じることができるとは、さすが茶所・嬉野ならでは。お風呂のあとはお待ちかねの夕食です。

食事処 食事は個室で。もてなしは地元・佐賀の旬の食材にこだわった会席料理。もちろん夕食でもお茶が主役です。

お茶すり

夕食のときに自分ですったお茶を薬味代わりにして料理にふりかけるのが和楽園のスタイル。近海で獲れたタイやヒラマサなど新鮮なお刺身にもお茶の粉をふりかけていただきます。

温泉湯豆腐 こちら(上の画像)は温泉を使った湯豆腐。嬉野温泉の名物料理です。四川風の味付けですが、温泉を使うことで、お豆腐は、ふわふわでトロトロになります。

佐賀牛 メインは佐賀牛。ステーキまたはしゃぶしゃぶなど。しゃぶしゃぶの場合はお茶でしゃぶしゃぶします(料理は季節や仕入れによって替わります)

会席料理 佐賀の食材と嬉野のお茶を使ったコラボレーション料理は新しい発見の連続。嬉野温泉 茶心の宿 和楽園のお茶尽くしのもてなしに、大満足のピンクの電話・みやちゃん姉妹でした。

嬉野温泉 茶心の宿 和楽園の宿泊プランを見てみる

賢治

投稿者プロフィール

埼玉県在住。1956年生まれ。自由業。定年前に勢いで会社を辞めて自由人になった還暦おやじ。趣味は中国古典の翻訳。家族五人

この著者の最新の記事

関連記事

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ

ピックアップ記事

  1. オナーズヒル軽井沢

    家族旅行に!手軽な料金で泊まれる軽井沢の人気の貸別荘

アーカイブ

料理が評判の宿

  1. まるみつ旅館のあんこう鍋
  2. 加能ガニ
  3. カニのフルコース

ピックアップ記事

  1. 芋焼酎が楽しめる温泉宿
  2. 下田セントラルホテル
  3. 鬼怒川温泉の紅葉

アーカイブ

ページ上部へ戻る