秘境の温泉宿<日本三大秘境>徳島県ホテル祖谷温泉

祖谷

日本三大秘境といえば◇祖谷(徳島県)◇白川郷(岐阜県)◇椎葉村(宮崎県)。今回は、日本三大秘境のひとつ徳島県・祖谷(いや)にある温泉宿 ホテル祖谷温泉(いやおんせん)をご紹介します。

外観 ホテル祖谷温泉へのアクセスは、JR土讃線(どさんせん)阿波池田駅からバスで約55分。車の場合は徳島自動車道・井川池田ICから約50分。秘境ではありますが、とてもおしゃれなお宿です。

客室 チェックインをすませて客室へ。お部屋にはモダンなの木の家具に真四角の琉球畳(りゅうきゅうたたみ)。センスあふれる造りです。窓の外にはそそり立つ山々が。さすが、秘境のお宿です。

客室のタイプは 宿泊プラン の中から選べます。

ケーブルカー ホテル祖谷温泉の名物は谷底にある露天風呂。なんとその露天風呂には宿のケーブルカーで行けるんです。

距離250メートルの間に標高差170メートルも上下するケーブルカー。傾斜角度は42度。渓谷に向かってゆっくりと下りていきます。

露天風呂 ケーブルカーでおよそ5分。露天風呂に到着。祖谷川(いやがわ)にせり出すように造られた湯船の前は祖谷渓(いやけい)の大パノラマ。これは風情があります。

祖谷温泉 源泉掛け流しのこの露天風呂。湯温は39度とぬるめなので、じっくりつかるのがおすすめ。祖谷川が創り出した荒々しい渓谷美を眺めながら、秘境ならではの癒しのひとときが楽しめます。

会席料理 ホテル祖谷温泉の夕食です。もてなしは、秘境ならではの山の幸を散りばめたコース料理。前菜は五種盛り。菊芋・ショウガの黄身包み・松茸の白和え・栗、そして祖谷豆腐の味噌漬け。

お造りも、祖谷コンニャクをはじめ阿波尾鶏(あわおどり)のタタキや椎茸など山里ならではの味。地のブランド鶏・阿波尾鶏のタタキは燻製にも似て、かみしめると深い味わいを楽しめます。

郷土料理 天ぷらもひと手間かけています。季節の野菜に加えて、レンコンをつぶして団子状にし、周囲に蕎麦の実をまぶして揚げたレンコン団子。香ばしいソバの実が食欲を刺激します。

塩焼きにされた魚は「あめご」。アメゴとはアマゴのこと。サケ(鮭)の仲間ですが、一生を川で過ごす清流の美味です。

源泉せいろ蒸し こちらは源泉で蒸しあげたセイロ蒸し。サツマイモやジャガイモ・キノコ・豆腐・コンニャクなどに加えて、阿波尾鶏のもも肉が。阿波尾鶏は、低脂肪で、甘みとコク、ほどよい歯ごたえが特徴。これはたまりません。

秘境の露天部風呂 絶景の露天風呂と山里の美味を堪能。日本三大秘境の景観を満喫できる ホテル祖谷温泉 は、一人旅にもおすすめできる秘境の一軒宿です。

賢治

投稿者プロフィール

埼玉県在住。1956年生まれ。自由業。定年前に勢いで会社を辞めて自由人になった還暦おやじ。趣味は中国古典の翻訳。家族五人

この著者の最新の記事

関連記事

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ

ピックアップ記事

  1. ホテルパイプのけむり

    夏休みの子連れ旅行はホテルパイプのけむりで<5,900円~>

アーカイブ

料理が評判の宿

  1. まるみつ旅館のあんこう鍋
  2. 香住のカニ宿 羅戯(こうらぎ)
  3. どぶ汁

クローズアップ記事

  1. 裏磐梯レイクリゾート

    裏磐梯の紅葉旅行におすすめ!裏磐梯レイクリゾート<赤茶色の温泉>

  2. Ginsai Plus(ギンサイプラス)

    銀座 Ginsai Plus(ギンサイプラス)でオーガニックランチを食べました。

  3. 旧軽井沢ホテル音羽ノ森

    軽井沢で紅葉が楽しめるホテルといえば旧軽井沢ホテル音羽ノ森ですね。

  4. 喜びの宿 高松(草津温泉)

    草津の湯畑から直接引いた源泉掛け流し温泉が自慢の老舗宿

アーカイブ

ページ上部へ戻る