全10室すべてスイートルーム!伊東温泉の絶景リゾート<二人旅に>

ふたり木もれ陽

東京からJR特急踊り子号で約1時間35分。風光明媚な東伊豆・伊東。湯量豊富な温泉地です。今回ご紹介するのは、2016年6月にニューオープンしたホテルふたり木もれ陽(ふたりこもれび)。きらめく水平線を望む天空の絶景リゾートです。

ホテルふたり木もれ陽 施設概要



景色

駐車場のある屋上からエントランスを入りエレベーターで1階のロビーへ。降り立つとそこはリゾートホテルのゴージャスな空間。イタリア製のシックなフロントデスクで優雅にチェックイン。大切な人と二人、大人の休日を過ごすには格好の宿。エントランスからの眺望にも心奪われます。

客室 ベッドルーム

10室ある客室はすべてオーシャンビューのスイートルーム。100平米の広さで、洗練されたインテリアは部屋ごとに趣向が異なります。客室の冷蔵庫やルームサービスなど、館内のドリンクはすべて宿泊代に含まれています。


ホテルふたり木もれ陽 宿泊プラン



客室露天風呂

客室の展望風呂は開放感抜群。二人で入浴しても余裕のある大きさで、泉質はナトリウム・カルシウム―塩化物温泉。さらりとした感触で、湯上がりは湯冷めしにくいのが特徴の温泉です。

夕食

伊東温泉・ホテルふたり木もれ陽の夕食です。ディナーとバータイムのドリンクもすべて宿泊代に含まれています。ディナーはフレンチのフルコース。都内の高級レストランや各地のオーベルジュで腕を磨いてきたシェフが皿の上に描き出す渾身のフレンチ。ほかでは味わえない唯一無二の料理を目指しています。

伊勢海老料理

伊勢エビはローストに。コクのある味噌や卵巣も余すところなく活かされています。

肉料理

地の食材も吟味したもの。富士宮産の岡村牛のステーキはゆっくりと火を入れ牛テールのソースでいただきます。

記念日

一品一品に趣向が凝らされたフレンチのフルコース。ホテルふたり木もれ陽。二人だけのぜいたくな休日が過ごせます。


宿泊プランを見てみる


舞子

投稿者プロフィール

千葉県在住。1982年生まれ。会社員。趣味は編み物。有給休暇を使って温泉一人旅と通販生活を楽しむOL。独身

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 高原リゾート

    夏休みの子連れ旅行に!小学生連れの家族におすすめの高原リゾート

アーカイブ

アーカイブ

ページ上部へ戻る