板室温泉の人気宿・山喜を画像とともに紹介します<栃木県>

板室温泉 山喜

那須連山の南東、平安時代から湧く栃木県の名湯・板室温泉(いたむろおんせん)。清流・中川沿いに10軒ほどの宿が点在しています。今回ご紹介するのは板室温泉の人気宿 ONSEN RYOKAN 山喜(やまき)。印象的な黒い板壁。全面ガラス張りの吹き抜けからは玉砂利を敷いた中庭が見える和モダンな温泉旅館です。

客室 部屋数は全八室。床は温泉熱を利用した床暖房。地元の杉を使った床からは心地よい暖かさが伝わってきます。珪藻土(けいそうど)の壁は、部屋の湿度を調整するはたらきがあるので、四季を通して快適に過ごすことができます。

部屋 外観に限らず、随所に工夫を凝らしただわりが、くつろぎの空間をつくりあげています。掛け流しの温泉付き客室もあります(お部屋のタイプは 宿泊プラン の中から選べます)

浴室 お風呂は大浴場(内湯)と露天風呂。昔から下野(しもつけ)の薬湯と呼ばれる板室温泉。無色透明のお湯はペーハー値 9.7 と、アルカリ性が強く、まとわりつくようなぬるりとした肌触り。刺激が少なく、やさしいお湯です。お湯は少しぬるめの 40 度。ゆったりと長湯することができます。

内湯 内湯の壁や床には地元産の芦野石(あしのいし)、湯船には十和田石(とわだいし)が使われています。湯船の一角には玉石が埋められていて、足裏マッサージの効果も期待できます。

夕食 夕食は食事処でいただきます。地元の野菜や旬の食材を使った和のコース料理でもてなしてくれます。

前菜 焼物 どの料理も料理人のていねいな仕事が施されています。彩りも鮮やか。

露天風呂 名湯と郷土の味覚を心ゆくまで堪能。栃木県の板室温泉に宿泊するなら山喜はおすすめの温泉旅館です。山喜へのアクセスは、車では東北自動車道・那須ICから25分、電車ではJR宇都宮線・黒磯駅からバスで35分です。

板室温泉 山喜の宿泊ブランやレビューを見てみる

賢治

投稿者プロフィール

埼玉県在住。1956年生まれ。自由業。定年前に勢いで会社を辞めて自由人になった還暦おやじ。趣味は中国古典の翻訳。家族五人

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 南房総安房温泉ゆうみ

    夏休みのカップル旅行におすすめ!南房総安房温泉ゆうみ<海が目の前>

アーカイブ

料理が評判の宿

  1. 川棚温泉 小天狗さんろじ
  2. 和歌山でクエ料理が自慢の温泉旅館
  3. 淡路島で三年とらふぐが食べられる旅館

ピックアップ記事

  1. 卒業旅行は小浜島のリゾナーレ小浜島で思い出づくりを!
  2. 志摩スペイン村パスポート付き宿泊プランのある宿
  3. 然別湖畔温泉ホテル風水

アーカイブ

ページ上部へ戻る