全8室。茨城・大洗の海辺に建つ波打ち際の隠れ宿

里海邸 金波楼本邸

東京から車で約1時間半。電車だと約2時間半。今回ご紹介するのは、茨城県大洗海岸(おおあらいかいがん)の波打ち際に建つ 里海邸 金波楼本邸 (さとうみてい・きんぱろうほんてい)。全8室の海辺の隠れ宿です。

ラウンジ 外観のイメージから和風旅館と思いきや館内に入って奥へ行くと、海辺の別荘のようなラウンジがお出迎え。磯仁砕ける波の音を聞くと、どこか遠い国にいるような雰囲気に包まれます。

テラス 里海邸(さとうみてい)の前身は、明治12年に創業されたホテル・金波楼本邸(きんぱろうほんてい)。当時から海を望むテラスがあり、海を愉しむ宿として、訪れる旅人たちに安らぎを与えてきました。

客室 宿のご主人がめざすのも海を愉しむ宿。五感で海を感じられるよう部屋の装飾は至ってシンプル。部屋のベランダからは海辺の鳥居や大洗の大パノラマが見渡せます(客室のタイプは 宿泊プラン の中から選べます)

大浴場 お風呂にも宿のこだわりが。お湯は大洗磯前神社(おおらあらいいそさきじんじゃ)の湧水・神様の水を使用(温泉ではありません)。湯船に身をおくと、海と一体化したような気分に包まれます。
地ビール 風呂上がりの生ビールは屋上テラスで。潮風がほてった体を冷ましてくれます。青い海と空を見ながら何もしないぜいたくな時間が流れていきます。

お造り 海が深い青に染まるとそろそろお待ちかねの夕食です。海を舌で味わう里海邸の料理は、茨城の焼物・笠間焼(かさまやき)の器とともにいただきます。

鍋料理 こちらは鯛と野菜の潮鍋(うしおなべ)。茨城の野菜と地元で獲れたタイを使った郷土料理で、新鮮な海と山の幸を同時に楽しめます。

田舎料理 地元・茨城の新鮮な海の幸と山の幸をふんだんに使った田舎料理と海辺の景色を堪能。里海邸 金波楼本邸 は、都会の疲れを癒してくれるふるさとのようなお宿です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

賢治

投稿者プロフィール

埼玉県在住。1956年生まれ。自由業。定年前に勢いで会社を辞めて自由人になった還暦おやじ。趣味は中国古典の翻訳。家族五人

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 熱海後楽園ホテル

    夏休みの子連れ旅行に!プールとバイキングが楽しめる熱海のホテル

おすすめ高級宿

  1. 清流山水花 あゆの里
  2. 裏磐梯レイクリゾート

クローズアップ記事

  1. 津居山蟹

    豊岡市でカニ料理が評判の旅館といえば城崎円山川温泉の銀花ですね。

  2. 間人蟹の宿

    間人蟹の宿|間人温泉の炭平を写真で紹介<京丹後市>

  3. 元河原湯

    肘折温泉の元河原湯は秘湯情緒あふれる濁り湯と囲炉裏料理が自慢の宿です。

  4. 横浜アリーナに近いホテル

    横浜アリーナ徒歩5分のホテル|スーパーホテル新横浜

ページ上部へ戻る