木曽岬温泉に宿泊するなら猪鍋と源泉掛け流しの名湯が自慢の庄助ですね。

木曽岬温泉庄助

JR弥富駅からタクシーまたは送迎バスで約10分。車の場合は東名阪自動車道・弥富ICから約10分。今回ご紹介するのは三重県・木曽岬温泉(きそざきおんせん)庄助(しょうすけ)。猪鍋(ししなべ)と源泉か流しの名湯が自慢のアットホームなお宿です。

客室

客室は和室。お部屋に入ると障子と畳・床の間が癒しとくつろぎの空間をかもし出してくれます(客室の広さは 宿泊プラン の中から選べます)。お部屋でひと息入れたら温泉へ

岩風呂

庄助の自慢のひとつは温泉。源泉100%で加水も加温もしていない温泉が楽しめます。天窓から降り注ぐ光の下、岩と緑の世界に湧き出す温泉。お湯の色はやや黄色がかっています。弱アルカリ性で、ぬるりとした肌触りが特徴。効能も神経痛・筋肉痛などのほか美肌効果もあるとされています。

猪鍋 木曽岬温泉庄助ふたつ目の自慢の夕食です。もてなしは名物料理しし鍋。庄助では、三重県の山中で獲れる野生のイノシシの中でも子供を産んだことのないメスのイノシシ肉「猪うまず」(いのうまず)だけを使った猪鍋(ししなべ)がいただけます。

猪肉 野菜を入れた鍋が煮えたら猪うまずを投入。やわらかく、くさみのない猪うまず。絶品です。猪(いのしし)の肉はビタミンB1やカルシウムが豊富で栄養も満点。猪うまずの旨みを引き出すのは二種類の味噌と隠し味にトマトを入れた秘伝のつゆ。猪肉(ししにく)だけではなく野菜もおいしくいただけます。

猪肉のすき焼き 名物しし鍋と源泉掛け流しの名湯を心ゆくまで堪能。木曽岬温泉に宿泊するなら庄助はおすすめのお宿です。猪鍋のほかに猪肉のステーキや猪肉のすき焼きなどが楽しめる宿泊プランもあります。

木曽岬温泉庄助の宿泊プランを見てみる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

賢治

投稿者プロフィール

埼玉県在住。1956年生まれ。自由業。定年前に勢いで会社を辞めて自由人になった還暦おやじ。趣味は中国古典の翻訳。家族五人

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 伊豆高原のコテージ

    夏休みに家族でコテージに泊まるなら伊豆高原コテージがおすすめです。

夏休み旅行おすすめ宿

  1. 温泉付きコテージ
  2. ホテルパイプのけむり
  3. ホテルリゾリックス車山高原

クローズアップ記事

  1. おん宿 蔦屋

    木曾の福島宿でおすすめの温泉宿といえば おん宿 蔦屋 ですね。

  2. あぶらや燈千

    湯田中温泉の宿あぶらや燈千の料理・客室・温泉などを画像で紹介

  3. さいたま市桜区のインド料理店ヤムナでランチを食べてきました。

  4. 台温泉やまゆりの宿

    台温泉やまゆりの宿(岩手県花巻)を写真で紹介(客室・料理)

ページ上部へ戻る