越谷市の田んぼアート2015年をリユース展望台から見てきました。

2015年8月16日(日)。埼玉県越谷市で行なわれている「こしがや田んぼアート2015」を見に行ってきました。2010年から始まった「こしがや田んぼアート」は今年(2015年)で6回目の開催です。

2016年のこしがや田んぼアートの様子は記事下で動画で紹介してます。
リユース 越谷 こしがや田んぼアートが描かれている会場は、東埼玉資源環境組合第一工場(越谷市増林三丁目)近くの田んぼですが、観覧場所は、第一工場ごみ処理施設(REUSE=リユース)展望台です。

リユース越谷 リユース越谷(第一工場ごみ処理施設)入口です。門のところに「展望台公開中」の立看板が出ていました。それにしても立派な建物ですね。ゴミ処理施設というよりも宮殿といった感じです。

展望台入口 展望台は高さ約80メートル。ゴミ処理の煙突を利用しています。展望台の下(1階)に「←展望台入口」と書かれた看板が出ているので、矢印に向かって歩いて行くと展望台の入口かあります。

受付 入口を開けるとエレベーターの前に机が出ていて受付になっています。見学者名簿に氏名・住所を記入します。ちょっとメンドくさい(笑)

受付をすませ、展望台見学にあたってのお願い文・雑紙回収袋、展望台にある望遠鏡が見られるコインをもらって、エレベーターで、4階展望台へ。ちなみに展望台にはトイレはありません。

展望台からの眺め 展望台からの景色です。360度、周辺地域の景色が見られます。田んぼアート会場の遠く先には東京スカイツリーが小さく肉眼でも見えます。晴れた日や空気がきれいな日には富士山や東京タワーも一望できます。

東京スカイツリー 東京スカイツリーが見えました。残念ながら富士山は見えませんでした。こうしてみると東京方面にはスモッグがかかっているのが、はっきりわかりますね。

こしがや田んぼアート それでは、こしがや田んぼアートに目を戻しましょう。描かれているのは三作品。上の写真だと左から越谷市の特産品、週刊少年ジャンプ掲載中の『食戟(しょくげき)のソーマ』、越谷市のキャラクター・ガーヤちゃんです。

越谷市の特産品 こちらの田んぼアートは、越谷市の特産品。「こしがや」とひらがなで書かれた下に、太郎兵衛もち(たろべいもち)・越谷ねぎ・イチゴ・クワイと、越谷市の特産品が四点、描かれています。

食戟のソーマ 真ん中に描かれているのは、テレビ東京で放映されているアニメ『食戟のソーマ』(しょくげきのソーマ)。今年(2015年)は、テレビ東京の『特捜警察ジャンポリス』とタイアップしているので、食戟のソーマの上に「ジャンポリス」の文字も見えます。

ガーヤちゃん そしてこちらの田んぼアートは、越谷市のキャラクター・ガーヤちゃん。ガーヤちゃんの下には「2015」と描かれています。

田んぼアート会場 ちなみに、田んぼアートが描かれている会場から田んぼアートを見ると、こんな感じに見えます。「2015」の文字は分かりますが、ほかの絵は何が描かれているのか、まったく分かりません。

こしがや田んぼアート2015 こしがや田んぼアート2015年の見頃は、7月から9月上旬。観覧場所は東埼玉資源環境組合第一工場(リユース)展望台。料金は無料。展望公開日・場所・時間・アクセスなどはリユース公式サイト( イベント案内 )でご確認ください。


追記(こしがや田んぼアート2016)…

「こしがや田んぼアート2016」には、越谷出身の競泳選手・星奈津美(ほしなつみ)さんが描かれています。動画に収めてYouTubeにアップしました。下の動画がそれです。どうぞご覧ください。


星奈津美さんはリオデジャネイロ・オリンピック競泳の200メートルバタフライで銅メダルを獲得。それを受けて田んぼアートには「やったネ なっちゃん」と追加で描かれていました(動画撮影日…2016年8月14日)

賢治

投稿者プロフィール

埼玉県在住。1956年生まれ。自由業。定年前に勢いで会社を辞めて自由人になった還暦おやじ。趣味は中国古典の翻訳。家族五人

この著者の最新の記事

関連記事

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ

ピックアップ記事

  1. 北軽井沢ハイランドリゾートホテル

    避暑地で夏を過ごすなら北軽井沢ハイランドリゾートホテルがおすすめです。

アーカイブ

料理が評判の宿

  1. 加能ガニ
  2. 川棚温泉 小天狗さんろじ
  3. 里海邸 あんこう鍋

ピックアップ記事

  1. 双泉の宿 朱白
  2. 台湾料理のお店・百楽(埼玉県越谷市)のランチ
  3. ラビスタ富士河口湖

アーカイブ

ページ上部へ戻る