白骨温泉の紅葉の見頃は10月中旬。宿泊するなら湯川荘がおすすめ!

紅葉の白骨温泉

長野県の紅葉スポット・白骨温泉(しらほねおんせん)。湯けむりと紅葉のコントラストの景観は神秘的で、まさに秘湯のイメージです。白骨温泉の紅葉の見頃は10月中旬。毎年、10月上旬ごろから色づき始めます。

外観 今回ご紹介する宿は、白骨温泉 つり橋の宿 三水観 湯川荘 (さんすいかん ゆかわそん)。静寂な森の中にひっそりとたたずむ一軒宿。秋は紅葉に染まった渓谷美に包まれます。

客室 客室のタイプは和室と和洋室。窓からは湯川渓谷が一望できます(客室のタイプは 宿泊プラン の中から選べます)。客室でひと息ついたら宿自慢の温泉へ

白濁のにごり湯 木製の湯船には45年分の温泉成分が白い骨のように付着しています。まさに白骨(しらほね)。同じ模様はひとつとしてない芸術品のような風情です。

露天風呂 うっすらと硫黄の香りがする濁り湯は空気に触れると白濁するお湯で、三日入れば三年は風邪を引かないといわれる効能豊かな泉質です。

鍋料理 白骨温泉 つり橋の宿 三水観 湯川荘の夕食です。名物は乳白色鍋。飲泉としても認められている温泉成分がたっぷりの白骨温泉の源泉をお鍋に使います。

乳白色鍋 乳白色鍋の味付けは地元・長野県松本の信州味噌。温泉水にていねいに溶いていき、さらに地元の牧場で育まれたブラウンスイス牛の牛乳を加えます。温泉成分のため鍋の中のお肉がいつまでも固くならずに柔らかい状態でいただけます。

紅葉の白骨温泉 白い濁り湯と信州が育んだ絶品料理の数々を堪能。自然あふれる秘湯の宿 白骨温泉 つり橋の宿 三水観 湯川荘 は、紅葉の時期に訪れたい湯宿です。

白骨温泉の紅葉は例年10月中旬ごろに見頃を迎えます。

全国の紅葉スポット周辺の宿

投稿者プロフィール

神奈川県在住。1973年生まれ。会社員。ゴルフとスーパー銭湯が大好きな中間管理職。休みがとれないのが悩みの種。家族四人

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 老神温泉 吟松亭あわしま

    夏休みの尾瀬旅行におすすめの宿|老神温泉 吟松亭あわしま

アーカイブ

料理が評判の宿

  1. カニのフルコース
  2. 里海邸 あんこう鍋

ピックアップ記事

  1. お花見弁当
  2. 月形温泉ホテル
  3. 八幡平ハイツ

アーカイブ

ページ上部へ戻る