北海道遠軽町の宿といえば丸瀬布温泉のマウレ山荘|2018年リニューアル

マウレ山荘

自然あふれる北海道オホーツクの町、遠軽町(えんがるちょう)。今回ご紹介するのは 丸瀬布温泉(まるせっぷおんせん)マウレ山荘。2018年7月にリニューアル。森の中にたたずむお城のようなリゾートホテルです。

丸瀬布温泉 マウレ山荘 施設概要



客室

客室は「エゾ・モダン」をコンセプトにしたというおしゃれで落ち着いた雰囲気。まさに大人の旅にぴったりの宿です。

露天風呂

お風呂は大浴場と露天風呂のほかに打たせ湯があります。泉質はアルカリ性単純温泉。無色透明で少しとろみがある感じ。ちょうどいい湯加減なので、大自然を満喫しながら、のんびりと湯浴みが楽しめます。

お造り

夕食はレストランで。和洋折衷のコース料理がいただけます。お造りは見た目から楽しませてくれます。オホーツク産のホタテやサクラマス……。食材は季節や仕入れによって替わります。

肉料理

メインは隣町の置戸町(おけとちょう)で生産された北みらい牛ロースのグリル。

コース料理

そのほかの料理も全部並べるとこのボリューム(上の写真)

手打ちそば

そして、マウレ山荘の名物が、コース料理の〆に出てくる手打ちそば。料理長が毎日手打ちしています。そば粉も産地にこだわった一級品。森の中の静かなホテルでいただく豪華なフルコース。満足できます。

朝食バイキング

朝食はバイキング。洋食と和食の豊富なメニューが並びます。季節によって朝食は和食膳になることもあります。北海道遠軽町の宿に宿泊するならマウレ山荘はおすすめの宿泊施設です。


宿泊プランを見てみる


舞子

投稿者プロフィール

千葉県在住。1982年生まれ。会社員。趣味は編み物。有給休暇を使って温泉一人旅と通販生活を楽しむOL。独身

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 中伊豆の温泉宿

    夏休みの女子旅におすすめ!囲炉裏料理と立ち湯が楽しめる中伊豆の温泉宿

アーカイブ

アーカイブ

ページ上部へ戻る