南房総・鴨川温泉<鴨川館>の客室・風呂・食事を写真で紹介

鴨川館

東京・浜松町から高速バスで約2時間30分。太平洋の大海原を望む人気の南房総・鴨川。今回ご紹介するのは、鴨川シーワールドの目の前、海辺に連なる美しい松林の中にただすむ 鴨川館(かもがわかん)。耳に心地よい潮騒と海一望が自慢のお宿です。

ラウンジ 宿に到着。館内に入ると広々とした空間が広がるラウンジが。大きく切られた窓からは南房総のおだやかな陽光が差し込み、窓の外に広がる松林の風景が訪れる者をなごませてくれます。

ロビー 鴨川館のチェックインは14時30分。チェックアウトは11時。チェックインをすませたら客室へ

客室 客室は、広々とした貴賓室、露天風呂付きの和室、ツインルームの洋室など、さまざまなタイプのお部屋が用意されています。上の写真は海が見える檜風呂付き和洋室。10畳の和室にツインベッドルームが付いたゆったりできるお部屋です。

客室でひと息ついたら温泉へ

大浴場 こちら(上の画像)は男性用の大浴場・安房八景の湯(あわはっけいのゆ)。鴨川館は、鴨川温泉は珍しく自家源泉を所有しています。敷地のそばで湧く温泉の泉質は、ナトリウム―塩化物冷鉱泉。塩の成分が肌をコーティングしてくれるので、いつまでも体がポカポカしています。

料理 南房総・鴨川館の夕食です。もてなしは南房総の海で獲れた新鮮な魚介類をふんだんに使った料理の数々。食事は宿泊プランによって、レストラン・個室料亭・お部屋食でいただきます。

お部屋食 お造りはイサキの姿造り・カンパチ・房総キンメダイ・メダイなど。さらに大皿のお造りに加えて、ひとりに丸ごと一尾・伊勢エビのお造り付き。なんとも豪華。これぞぜいたくの極みです(料理は仕入れや 宿泊プラン によって替わります)

個室料亭 口コミでも評判の隠し味に赤味噌を使ってじっくりと煮込まれた和風ビーフシチューは、ぷるぷるのコラーゲンも入った味わい深い一品(ひとしな)です。

アワビの踊り焼き 続いては鮑(あわび)。お造り・踊り焼き・酒蒸し・ステーキの中からお好みの料理が選べます(上の写真はアワビの踊り焼き)

レストラン 房総の海の幸を中心に郷土の味覚満載のもてなし。満足できます。

南房総 鴨川温泉 鴨川館の口コミを見てみる

賢治

投稿者プロフィール

埼玉県在住。1956年生まれ。自由業。定年前に勢いで会社を辞めて自由人になった還暦おやじ。趣味は中国古典の翻訳。家族五人

この著者の最新の記事

関連記事

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ

ピックアップ記事

  1. 白樺リゾート

    夏休みの子供連れ旅行は白樺リゾート池の平ホテルがおすすめです。

アーカイブ

料理が評判の宿

  1. 里海邸 あんこう鍋
  2. ズワイガニ会席コース
  3. 和倉温泉の多田屋

クローズアップ記事

  1. 越谷市にある自家焙煎珈琲店・珈家(かや)

    越谷市で見つけた隠れ家のような自家焙煎珈琲店・珈家(かや)

  2. お花見弁当

    県民健康福祉村(越谷市)でお花見弁当を食べながら満開の桜見物

  3. 麺やひだまり

    千駄木のラーメン屋さん麺屋ひだまりで塩ラーメンを食べてきました。

  4. 志摩スペイン村パスポート付き宿泊プランのある宿

    志摩スペイン村パスポート付き宿泊プランのある宿⇒賢島宝生苑

アーカイブ

ページ上部へ戻る