大洗でどぶ汁が食べられる宿をお探しなら大洗ホテルがおすすめです。

大洗ホテルのどぶ汁

茨城県の大洗(おおあらい)といえば鮟鱇(あんこう)。水戸や平潟(ひらかた)と並ぶ全国屈指のアンコウの水揚げ量を誇る港町です。大洗では、11月から3月までの期間「あんこう鍋フェア」を開催。ホテルや旅館など大洗の宿泊施設では、あんこう鍋やあんこう料理が楽しめる宿泊プランも用意されます。

あんこうの身 あんこう料理の中でも、水をいっさい使わずに、あんこうから出る水分だけて作る「どぶ汁」は、茨城の冬の名物。昔ながらの「どぶ汁」がいただけるのが大洗ホテル。海鮮ダイニング・風和では、目の前で「どぶ汁」を作ってもてなしてくれます。

大洗ホテルの宿泊プラン



どぶ汁

どぶ汁の作り方は、まずあんこうの肝(きも)を煎って、味噌とともに鍋に伸ばし、そこにあんこうの身や皮・内臓などを次々に投入。あんこうの水分で鍋が煮たってきたら、味噌で味を整えます。あんこうの旨みがぎゅっと凝縮された絶品のどぶ汁です。

雑炊

どぶ汁のおすすめの食べ方は、鍋の中に溶け出した肝をできるだけ取らないで、たっぷりと残しておくこと。〆の雑炊が、より濃厚になります。


大洗ホテルの海鮮ダイニングで料理長が作るどぶ汁の動画です。

大洗ホテルで「どぶ汁」がいただけるのは11月から3月まで。


宿泊プランを見てみる

賢治

投稿者プロフィール

埼玉県在住。1956年生まれ。自由業。定年前に勢いで会社を辞めて自由人になった還暦おやじ。趣味は中国古典の翻訳。家族五人

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 塩原温泉の湯宿

    夏休みの夫婦旅行におすすめ!塩原温泉の川沿いに佇む静かな湯宿

アーカイブ

料理が評判の宿

  1. 山口県でふぐ料理がおいしい旅館
  2. 淡路島で三年とらふぐが食べられる旅館

ピックアップ記事

  1. 洋風旅館ぴのん
  2. 万座ホテル聚楽
  3. 硫酸塩泉の温泉

アーカイブ

ページ上部へ戻る