岐阜県・新平湯温泉で貸切風呂と料理が評判の宿・山ぼうしを画像で紹介

新平湯温泉

北アルプス唯一の活火山・焼岳(やけだけ)の麓に湧く岐阜県・新平湯温泉(しんひらゆおんせん)。かつては一重ヶ根温泉(ひとえがねおんせん)と呼ばれるのどかな湯の里でしたが、旅館が増え、1973年(昭和48年)に、新平湯温泉と名前を変えました。

外観 今回ご紹介するのは、新平湯温泉 郷夢の宿 山ぼうし(きょうむのやど やまぼうし)。飛騨市にあった築100年以上の農家を移築した旅館で、高い天井や太い梁(はり)など、重厚な造りに圧倒されます。

客室 客室は10室のみ。すべてのお部屋に囲炉裏があります。家具や調度(ちょうど)にもこだわった奥飛騨情緒たっぷりの隠れ家的なお宿です(客室のタイプは 宿泊プラン の中から選べます)

大浴場(内湯) お風呂は大浴場と露天風呂のほかに二つの貸切風呂があります。上の画像は大浴場の内湯。湯船は檜(ひのき)で縁取られています。泉質は無色透明の単純温泉。少しぬめりを感じる化粧水のようなお湯です。

内湯(湯口) 湯船の隅には水瓶を使った湯口があります(上の写真)。この地方では、玄関先に水瓶を置くことが多いそうで、それを湯口に利用しました。内湯で温まったら石造りの露天風呂へ

露天風呂 こちら(上の画像)は露天風呂。24時間いつでも利用できます。大正時代、このあたりの温泉は赤土色(あかつちいろ)でしたが、現在は新たに掘削(くっさく)した源泉を使用。お湯は無色透明です。

食事処 新平湯温泉 山ぼうしの夕食は個室の食事処で。囲炉裏を前に、ゆっくり奥飛騨の料理を味わうことができます。

料理 前菜は、飛騨地方の家庭料理「ころいも」。皮付きの小さなジャガイモを油で炒め、醤油と砂糖で煮込んだもの。お造りは飛騨サーモン。地元で養殖された大ぶりの鱒(マス)です。素朴ながらも味わい深い飛騨の名物が食卓を彩ります(料理は季節や仕入れによって替わります)

貸切風呂 夕食のあとは貸切風呂へ。貸切風呂は内湯と広い露天風呂があるぜいたくな造りになっています。山ぼうしは一日10組限定の宿なので、貸切風呂は予約する必要はなく、あいていれば、24時間、いつでも何回でも入ることができます。

貸切露天風呂 翌朝はもうひとつの貸切露天風呂へ。こちらの貸切露天風呂には本物の釜を利用した五右衛門風呂(ごえもんぶろ)があります(上の画像)。昔、五右衛門風呂として実際に使われていた釜を埋め込んだそうです。

新平湯温泉 山ぼうし 新平湯温泉 郷夢の宿 山ぼうしへのアクセスは、車では、長野自動車道・松本インターチェンジから1時間30分、電車では、JR篠ノ井線(しののいせん)松本駅からバスを乗り継いで1時間40分です。

新平湯温泉 郷夢の宿 山ぼうしの宿泊プランを見てみる

投稿者プロフィール

神奈川県在住。1973年生まれ。会社員。ゴルフとスーパー銭湯が大好きな中間管理職。休みがとれないのが悩みの種。家族四人

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 熱川YOU湯ビーチ

    熱川大和館は海水浴場が目の前なので夏休みの家族旅行におすすめです。

アーカイブ

料理が評判の宿

  1. 里海邸 あんこう鍋
  2. カニのフルコース
  3. あわら温泉 清風荘 カニ会席

ピックアップ記事

  1. 季の里
  2. 麺やひだまり
  3. 強羅花扇 早雲閣

アーカイブ

ページ上部へ戻る