群馬県館林のループカフェへランチを食べに行ってきました。

ループカフェ(群馬県館林)

2018年5月4日。お友だち四人で群馬県館林にあるおしゃれなレストラン「ループカフェ」で、ランチを楽しんできました。ゴールデンウィーク真っ只中で渋滞が心配だったのと、たまにはみんなでお酒も楽しんじゃおうということで、電車で出かけました。

ループカフェ館林は2018年10月31日をもって閉店しました。



館林市役所

館林駅に着いたのは11時。ループカフェを予約したのは11時30分だったので、駅からタクシーに乗ってお店に向かいました。ループカフェの場所は館林市役所の向かい側にあります。「館林市役所向かいのループカフェというレストランに行きたいのですが」と、運転手さんに伝えたところ、すぐに分かってくれました。

駐車場

館林駅からループカフェはタクシーで5分ほど。11時10分にお店に到着。敷地には10台ほど車が停められる駐車スペースがありました。11時開店なので、どんどん車が駐車場に入ってきます。

入口

お店の前のボードにも「本日は休日のため、混雑が予想されますのでご了承ください。」と書いてありました。人気のお店の様子が伺えます。

ホール

私たちが一番乗りかと思いきや、すでに二組先客がいました。私たちは予約を取っておいたので、そのことを告げると「お呼びするまで椅子におかけになって少々お待ちください」とのこと。

入口カウンター

入口横のカウンターにはフルーツやハーブが入った「デトックスウォーター」が置いてあり、試飲できるので、私たちもいただくことにしました。デトックスウォーターをコップに入れるやいなや「お待たせいたしました。お席にご案内します。」と呼ばれ、紙コップを持ったままで席に向かいました。

階段

入り口を入ると、左はバリアフリーの席、右側は中二階になったホールにつながる階段があります。私たちはその中二階の席に案内されました。

中二階店内

店内はゆったり広々としていて、席と席の間もゆとりがありとてもいい雰囲気。お店は道路に面していますが、大きく切られた低い窓からは青々と生い茂った新緑が眺められ、まるで森林浴をしているような気持ちのいい空間になっています。

二人用テーブル席

窓ぎわは二人用の席が設けられていて、ふたりとも窓の外の景色を眺めながら食事ができるようにと、テーブルがわざと斜めにセッティングされているなど、心にくい演出はステキ。私たちは階段横の広い四人席をとってもらいましたが、大きな柱の陰の独立したようなこの空間も、とても落ち着き話も弾みます。

スパークリングワイン(白)

「今日は運転手がいないので、せっかくだからお酒もいただいちゃおうか。」ということで、まずはスパークリングワインの白をボトルで注文。ワインクーラーに入ったバラのラベルのイタリア産ワイン・モスカート・ペタロが運ばれてきました。甘めのとても飲みやすいスパークリングワインです。

前菜

ワインをふたくちほど口にしたところで料理が運ばれてきました。まずは前菜です。大きなガラスのお皿に色とりどりのオードブルが7種。鴨のスモーク・かぼちゃペーストのバケット添え・エシャロット・アイスプラント・海老のマリネ…などなど。

サラダ

ランチメニューは、10食限定プレートランチと、Aランチ(サラダ・パン・ライスの中からひとつ選べて、メイン料理と飲み物付き)と、Bランチ(Aランチの内容にプラス前菜・スープ・グラスワインの中からひとつ選べ、デザートも付く)の3種類がありましたが、私たちは全員Bランチを注文。Aランチの値段より300円加算されるだけですが、内容はかなりグレードアップします。

サラダと前菜

ループカフェを紹介してくれた洋子ちゃんが「ここのサラダがなかなかオススメなのよ。」というので、できるだけ糖質は制限したい私もライスとパンをやめてサラダを注文することにしました。

ランチに付いているサラダだからとあまり期待していなかったのですが、大きなガラスのボウルで運ばれてきたサラダにびっくり。目にも鮮やかな色とりどりの新鮮なお野菜がたっぷり。ドレッシングもおいしいし皮ごとの里芋なども入っていて斬新。

的鯛のオリーブオイル焼き

おしゃれな前菜と、たっぷりのサラダをいただきながらスパークリングワインのボトルも空っぽに。「もう1本いっちゃおっか。」と、今度はロゼのスパークリングを注文。それと同時にメインのお料理が運ばれてきました。

メイン料理には、ステーキやラム肉のソテー、ホタテなどもありましたが、私たち4人は全員お魚料理を注文しました。こちら(上の画像)は的鯛(まとうだい)のオリーブオイル焼きです。トマトとバジル、エシャロットソースがあっさりと美味しい一品。

舌平目の香草パン粉焼き

こちらは洋子ちゃんがオーダーした舌平目の香草パン粉焼きです。フランス産マスタードが塗られた舌平目を香草パン粉で焼き上げ、ゴルゴンゾーラチーズと高級生クリームの濃厚ソースでいただくというもの。ひとくちいただきましたがとっても美味しかったし、ワインに特によく合いました。

みかん鯛のソテー

こちら(上の画像)は私が注文した愛知県産・みかん鯛のソテー(オリーブとエシャロットのビネグレットソース)。みかん鯛とは、柑橘をエサに加えたフルーツ魚で、みかんの皮を食べて育った鯛のこと。皮目がパリッと焼かれ、柑橘系のソースでいただきます。

スパークリングワイン(ロゼ)

メイン料理に合わせてロゼのスパークリングワイン(イタリア産・ナインドットファイブ)が運ばれてきました。さきほどの白よりも少し辛口でさっぱりしたスパークリングです。甘すぎずメイン料理にピッタリ。

メイン料理

メイン料理の付け合わせにも、グリーンがいっぱいのパリッとした新鮮サラダがたっぷりと載っています。お野菜なので、たくさん食べても太る心配をしなくても大丈夫(笑)

ゆず茶

ゆっくりとお食事とワインを楽しんだあとは、食後の飲み物とデザートです。こちら(上の画像)はホットのゆず茶です。頼んだ洋子ちゃんは香りがいいと言っていました。

チーズスフレケーキ

飲み物とほぼ同時に各自お願いしたデザートも運ばれてきました。チーズスフレはしっとりとして甘すぎず、たっぷりとラズベリーソースが載っていて甘酸っぱさもいい。

抹茶豆乳プリンと白玉の和パフェ

和風のデザートも充実しています。こちら(上の画像)は抹茶豆乳プリンと白玉の和パフェ。黒豆がたっぷりと入っていて、中から黒蜜や白玉など、いろいろなものが出てきて、目でも楽しめるデザートです。

フルーツとバニラアイスのパルフェとアイスコーヒー

こちらは私が選んだ有機珈琲のアイスコーヒーとフルーツとバニラアイスのパルフェ。中にはちょっとずついろいろな種類のフルーツがあれこれ入っていて、生クリームとバニラアイスとの相性もバッチリ。

サラダ同様、ランチに付いているデザートだから気持ちくらいのものなんだろうな、なんて思っていたのに、こんなに充実したメニューでこのお値段?!と、最後まで満足に次ぐ満足の連続でした。

ループカフェでランチ

都心からは少し遠いけれど、お友だちに紹介してあげたら100パーセント喜ばれること間違いなしの館林のレストラン・ループ カフェ(LOOP CAFe)でした。絶対にまた伺います。
ループカフェは2018年10月31日をもって閉店

ループカフェは 2018年10月31日をもって閉店しました。店舗のホームページによると建物の雨漏りや水回りなどの排水工事による一時閉店とのこと。詳しくはループカフェのホームページでご確認ください。


ループカフェ館林閉店について

尚子

投稿者プロフィール

東京都在住。1964年生まれ。主婦。子育ても落ち着いたので地域情報紙の編集アシスタントとして従事。趣味は旅行。家族四人+愛犬1匹

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. ホテルリゾリックス車山高原

    子連れ旅行に!信州・ホテルリゾリックス車山高原<バイキングが評判>

アーカイブ

アーカイブ

ページ上部へ戻る