一度は泊まりたい宿<東伊豆・川奈>絶景の離れの宿 月のうさぎ

月のうさぎ

東京からJR特急踊り子号で伊東へ。伊東から伊豆急行に乗り換え約10分。相模灘を望むのどかな漁師町・川奈(かわな)。今回ご紹介するのは、竹林の中にひっそりとたたずむ 絶景の離れの宿 月のうさぎ(つきのうさぎ) 。一度は泊まりたい高級宿です。

母屋 フロントとなる母屋(おもや)は、信州にあった築およそ100年の古民家を移築・再生したもの。太い柱に梁(はり)を組み合わせた合掌造りで、古民家が好きな方ならずとも一見の価値があります。

客室 すべて離れの宿泊棟は全8室。どのお部屋も露天風呂付き。こちら(上の写真)は二階建ての離れ。部屋専用のプライベートガーデンの向こうは、さえぎるものなく大海原。正面には伊豆大島が望めます。

ベッドルーム 二階のベッドルームからも至極の光景が拝めます(客室のタイプは 宿泊プラン の中から選べます)

露天風呂 こちら(上の画像)は、お庭の露天風呂。泉質はカルシウム・ナトリウム―硫酸塩・塩化物温泉。塩分が含まれているので、湯冷めがしにくく、お庭の露天風呂で潮風に吹かれながら長湯をするにはうってつけの泉質です。

夕食 東伊豆・月のうさぎの夕食は、宿が厳選した四大食材(伊勢エビ・アワビ・キンメダイ・静岡産和牛)を使った会席料理。贅を極めた山海の恵み。ほかではちょっと味わえません(料理は季節や仕入れによって替わります)

朝食 朝食でも伊勢エビ・アワビ・キンメダイがいただけます。キンメダイは伊豆名産ぐり茶を使ったしゃぶしゃぶで。夕食に劣らぬ豪華なもてなしです。

露天風呂 絶景の離れの宿 月のうさぎ。ひとめを気にせずプライベートタイムを過ごすにはうってつけ。芸能人や有名人もお忍びで訪れるというのもうなずけます。

絶景の離れの宿 月のうさぎの宿泊プランを見てみる

賢治

投稿者プロフィール

埼玉県在住。1956年生まれ。自由業。定年前に勢いで会社を辞めて自由人になった還暦おやじ。趣味は中国古典の翻訳。家族五人

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. ホテルパイプのけむり

    夏休みの子連れ旅行はホテルパイプのけむりで<5,900円~>

アーカイブ

料理が評判の宿

  1. まるみつ旅館のあんこう鍋
  2. あわら温泉べにやのカニ料理
  3. どぶ汁

ピックアップ記事

  1. 南房総安房温泉ゆうみ
  2. 金宇館
  3. メタケイ酸の多い温泉

アーカイブ

ページ上部へ戻る