秘湯の一軒宿|源泉がお風呂の底から湧き出す青森県の蔦温泉旅館

蔦温泉旅館

JR青森駅から送迎車で約1時間15分。今回ご紹介するのは、青森県十和田市・奥入瀬(おいらせ)渓流入口近くのブナ林の中にたたずむ 蔦温泉旅館(つたおんせんりょかん)。創業明治42年(1909年)。100年以上の歴史を誇る湯宿です。

帳場 宿に到着すると創業当時にタイムスリップ。古めかしい旅館の風情も蔦温泉旅館の魅力のひとつ。温泉好きが一度は訪れたいとあこがれる秘湯の一軒宿です。

客室 大正7年に建築された蔦温泉旅館の本館は2015年4月にリニューアル。ひなびた趣は残しつつ快適に過ごせる空間に生まれ変わりました(客室のタイプは 宿泊プラン の中からお好きなお部屋を選べます)。宿についてお部屋でひと息ついたら自慢の温泉へ

蔦温泉 こちらは蔦温泉(つたおんせん)の看板・久安の湯(きゅうあんのゆ)。湯船につかると、平安時代に開湯された源泉が、底板からふつふつと湧き出してきます。ヒバの木の香りにも癒されます。

秘湯温泉 お湯の肌触りは、さらっとしているので、四季を通じて、気持ちよく湯浴みが楽しめます。このお湯と雰囲気を求めて全国から温泉マニアが訪れる名湯です。

旅館の夕食 名湯を堪能したらお楽しみの夕食です。青森の山の幸・海の幸はセイロ蒸しで。名物料理は蔦鍋(つたなべ)。お鍋に入っている山の芋の団子は粘り気が強くもっちり。

茶碗蒸しは青森流。客人をもてなすときには甘いものを出すというのが青森風。茶碗蒸しをいたたくと甘いので、はじめて口にするお客さんはビックリするそうです。

源泉掛け流しの秘湯温泉 甘く、あたたかい、青森流のおもてなしに心も体も癒されます。人里離れた静かな場所で、のんびりと名湯を楽しむなら 蔦温泉旅館(つたおんせんりょかん)はおすすめの秘湯の一軒宿です。白黒写真の中に入り込んだ懐かしい雰囲気に包まれます。

青森県の有名ホルモン精肉店|大昇ホルモン(北津軽郡板柳町)

賢治

投稿者プロフィール

埼玉県在住。1956年生まれ。自由業。定年前に勢いで会社を辞めて自由人になった還暦おやじ。趣味は中国古典の翻訳。家族五人

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 熱川YOU湯ビーチ

    熱川大和館は海水浴場が目の前なので夏休みの家族旅行におすすめです。

アーカイブ

料理が評判の宿

  1. 川棚温泉 小天狗さんろじ
  2. 淡路島で三年とらふぐが食べられる旅館
  3. 大洗 ホテルのどぶ汁

ピックアップ記事

  1. ホテルフォルツァ長崎
  2. あたみ石亭
  3. 粟津温泉 喜多八

アーカイブ

ページ上部へ戻る