松川渓谷にたたずむ山田温泉の老舗旅館といえば山田館です。

山田温泉・山田館

東京から北陸新幹線で長野へ。長野から長野電鉄に乗り換え須坂(すざか)へ。長野県北部と群馬との県境にほど近い信州高山温泉郷。今回ご紹介するのは、山田温泉 山田館(やまだかん)。創業は江戸後期。移ろう時代の中で変わらぬいで湯と心づくしのもてなしで行き交う旅人を癒してきた老舗旅館です。

松川渓谷

山田温泉は信州高山温泉郷のひとつで開湯から200年余り。松川渓谷の中にあり、紅葉の名所としても知られ、秋は全山、錦の彩り。さながら一幅の絵のような美しさに心を奪われます(松川渓谷の紅葉の見頃は10月上旬から11月上旬)

ラウンジ ラウンジの窓は四季折々あるがままの自然を映すスクリーン。さながらここは特等席。野鳥のさえずりに木々の息づかいまで聞こえてきそうです。

客室 山田館は渓谷側の谷に建っているので、客室の窓からは、四季折々の松川渓谷の山の風景と川の流れを望むことができます(客室のタイプは 宿泊プラン の中から選べます)

露天風呂 大浴場は、浴室に入ると、やさしい硫黄のいい香りが漂います。源泉を掛け流しているので、お湯は少し熱めですが、湯の花が舞う濃厚かな温泉です。塩分が含まれているので、湯上がりはポカポカとし、肌がしっとりすべすべになります。

夕食 信州高山温泉郷・山田館の夕食です。地産地消をモットーとし、野菜は農家から朝採れのものを仕入れ、信州サーモンもなど郷土の味覚とともに味わえます。

岩魚の塩焼き 清流の恵み・岩魚(いわな)は地酒にひたして1時間ほど寝かせることで、ふっくらとした仕上がりになります。新鮮に食材に手間をかけた山田館名物の一品(ひとしな)。表三分裏七分(おもてさんぶうらしちぶ)、ほどよく炙ったイワナの塩焼きです。

すき焼き 鍋物は信州プレミアム牛のすき焼き。極上の香りや口どけが楽しめるご当地自慢のブランド牛。食欲が進みます。揚げ物は、みずみずしい山の恵み。ネマガリダケやタラの芽など風味豊かなごちそうです(料理は季節や仕入れによって替わります)

郷土料理 吟味された地元の食材が織りなす絶妙な味わい。老舗宿ならではのもてなしです。四季折々の渓谷美と効能あらたかな名湯を堪能。山田温泉・山田館。口コミ評価が高いのもうなずけます。

信州高山温泉郷 山田温泉 山田館の口コミを見てみる

真由美

投稿者プロフィール

埼玉県在住。1972年生まれ。主婦。水泳選手だったころの体型とは別人になったママ。趣味はカラオケ。家族四人

この著者の最新の記事

関連記事

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ

ピックアップ記事

  1. 上諏訪温泉 渋の湯

    夏休みに毎日花火が見える諏訪湖畔の宿といえば上諏訪温泉の渋の湯です。

アーカイブ

料理が評判の宿

  1. 若狭ふぐが食べられる漁師宿
  2. あわら温泉 清風荘 カニ会席
  3. 和歌山でクエ料理が自慢の温泉旅館

ピックアップ記事

  1. 脇田温泉 楠水閣
  2. ホテルエピナール那須
  3. 湯之島館

アーカイブ

ページ上部へ戻る