東伊豆・大滝温泉で評判の宿といえば11の湯船と懐石料理が楽しめる運龍です。

運龍

東伊豆・河津町(かわづちょう)――天城峠へ向かう街道には温泉が点在し、伊豆の中でも秘湯の宝庫と言われています。今回ご紹介するのは、河津七滝(かわづななだる)のひとつ初景滝(しょけいだる)から橋を渡ってすぐのところにある 大滝温泉 秘湯の宿 運龍(おおだるおんせん ひとうのやど うんりゅう)。11の湯船と懐石料理が評判のお宿です。

池 建物は木のぬくもりを活かした造りになっています。5万坪という広大な敷地の中心には大きな池があり、客室は、この池を囲むように配置されています。

客室 客室は落ち着いた和室。各お部屋には花の名前が付けられています。こちら(上の写真)は芙蓉の間(ふようのま)。中庭と池を望むテラスには温泉を使った専用の足湯があり、寒い日でも暖まりながら景色を眺めることができます(客室のタイプは 宿泊プラン の中から選べます)

露天風呂 11種類の湯船がある温泉自慢の運龍。こちら(上の画像)は動の湯(どうのゆ)と名付けられた露天風呂です。泉質は疲労回復などに効能があるといわれる単純泉。湯船の縁から温泉が噴き出すようになっていて、ほどよい水圧が体をマッサージしてくれます。

檜露天風呂 2階にある露天風呂は、天城山(あまぎさん)から切り出した檜(ひのき)を使ったぜいたくな造り。檜の香りに包まれながら入る源泉掛け流しの露天風呂。ゆるやかに流れるお湯が体を芯から温め旅の疲れをほぐしてくれます。

石風呂 1階にある露天風呂は、地元の名産・伊豆石(いずいし)を使った石風呂になっています。伊豆石は肌触りもよく、古くから浴室などにも使われてきました。

前菜 東伊豆・大滝温泉(おおだるおんせん)運龍の夕食です。伊豆の名産はもちろん全国から厳選した旬の食材が並びます。前菜は三点盛り。握り寿司は岩手から取り寄せた短角牛(たんかくぎゅう)を使っています。短角牛は脂が少なく女性に人気があります。

お造り 伊勢海老やアワビなどをあしらったぜいたくなお造り。富山県の氷見(ひみ)で揚がった最上級のブリを使ったゴマしょう油焼き。イノシシの肉を団子にして煮込んだ猪すいとん鍋は珍しい一品。

金目鯛の煮付け そして東伊豆といえば金目鯛。秘伝のタレでじっくり煮込んだキンメダイの姿煮は絶品です。最上級の食材を集めたぜいたくな夕食。満足できます(料理は季節や仕入れによって替わります)

露天岩風呂 夕食を堪能したあとは、また別の露天風呂へ。こちら(上の写真)は、大きな湯船が二つつながった露天岩風呂。近くを流れる川のせせらぎや風の音に耳を傾けながらお湯につかれば、心落ち着く安らぎの時間が流れていきます。

大滝温泉 秘湯の宿 運龍の口コミを見てみる

賢治

投稿者プロフィール

埼玉県在住。1956年生まれ。自由業。定年前に勢いで会社を辞めて自由人になった還暦おやじ。趣味は中国古典の翻訳。家族五人

この著者の最新の記事

関連記事

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ

ピックアップ記事

  1. 北軽井沢ハイランドリゾートホテル

    避暑地で夏を過ごすなら北軽井沢ハイランドリゾートホテルがおすすめです。

アーカイブ

料理が評判の宿

  1. 淡路島で三年とらふぐが食べられる旅館
  2. 香住のカニ宿 羅戯(こうらぎ)

ピックアップ記事

  1. 朝食自慢の温泉宿
  2. コルテラルゴ伊豆高原
  3. 弥彦駅

アーカイブ

ページ上部へ戻る