東京ディズニーシーのリストランテ・ディ・カナレット当日予約でランチ

リストランテ・ディ・カナレットでランチ

2018年12月4日・火曜日。お友だちのエミちゃんに誘われて、2年ぶりにディズニシーへ行ってきました。当日予約したイタリアンレストラン「リストランテ・ディ・カナレット」でランチ。メニューは2,800円のスペシャルセット。ちょっとリッチな時間を過ごせました。

ディズニーシー ゴンドラ 12月だというのに20度というポカポカ陽気。ディズニーシーに来たらまずは入り口近くにあるゴンドラに乗ると、その日一日いい流れに乗れる気がして、最初にゴンドラに乗りました。

列車 次は列車に乗って、奥の人気のアトラクションから攻めていこうと、列車の駅に向かう途中、イタリアンレストラン「リストランテ・ディ・カナレット」の横を通りかかりました。

お店の入口ではスタッフがランチの予約を受けていました。落ち着けそうなお店だったので、奥のアトラクションをまわってから戻ってこられそうな時間を予測して、16時というちょっと遅めのランチを予約しました。

餃子マン インディージョーンズ方面へ向かう途中、小腹がすいたので、餃子マンなどをいただきました。この日は朝、雨の予報がされていたせいか、人出も少なく、ほとんど待ち時間なして次々にアトラクションに乗ることができました。

カウンター 15時50分、レストランに到着。10分早い時間でしたが、すぐに席に案内してくれました。「テラス席にしますか? 屋内にしますか?」と聞かれましたが、落ち着けそうな屋内の席にしてもらうことにしました。店内に入ると「ナターレ」と言って店員さんたちが迎えてくれます。ナターレ(Natale)とは、クリスマスという意味のイタリア語だそうです。

メニュー L字型のソファーの落ち着ける席に通され、メニューを見せていただきました。単品のメニューのほか、セットメニューは2種類。スペシャルセット(2,800円)とスペシャルコース(4,200円)。飲み物が付いているのはコースだけ。私たちはスペシャルセットと飲み物を単品で追加しました。

前菜 まずは前菜が来ました。「ポークとチキンのテリーヌと鮪とシュリンプのマリネでございます」。スタッフの女性がていねいに説明してくれます。色鮮やかでマグロやエビの鮮度もよく、なかなか美味しいお料理です。シャンパンといっしょにいただいたらなおいいけど、この日は車で来たのでがまん。

メインパスタ 前菜が食べ終わったころを見計らって、メインの「スパゲッティーニ・ソフトシュリンプのスパゲッティーニ」が運ばれてきました。ソフトシュリンプなので殻付きでしたが、柔らかでそのまま丸ごといただけます。濃厚なおいしいパスタでした。ベビーリーフとともにズッキーニとナスのソテーが添えられていました。

店内 店内はほぼ満席。年配のご夫婦やカップル、女性同士と、ワインなどを飲みながら皆さんそれぞれに食事を楽しんでいました。中央の石窯ではピザを焼いている様子を見ることができます。クリスマスも近いので私たちのうしろにはレトロな雰囲気のツリーが飾ってあったので、せっかくだからスタッフの方にカメラのシャッターを押してもらうことにしました。

デザート ちょうど運ばれてきたデザートには、あのクリスマスの言葉「Natale」(ナターレ)が。そのかわいらしいデザートのお皿を手のひらに乗せてポーズ。ベテランスタッフの女性が「ではいきますね~。はい、ディズニーシー」と言ってシャッターをカシャ!「もう一枚いきますねー、はいミッキー♪」。思わず微笑んでしまうテクニック、さすがプロですね。

レジ ゆったりとちょっとリッチな気分で遅めのランチを堪能。「閉園まであと2時間半あるからまだまだ遊べるね」と、レジでお会計をすませ再び夜のディズニーシーへ

クリスマスツリー あたりはすっかり暗くなり、あちらこちらにあるクリスマスツリーがライトアップされています。リストランテ・ディ・カナレットの雰囲気も手伝って、ロマンチック満載な素敵な一日を過ごすことができました。


尚子

投稿者プロフィール

東京都在住。1964年生まれ。主婦。子育ても落ち着いたので地域情報紙の編集アシスタントとして従事。趣味は旅行。家族四人+愛犬1匹

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 池の平ホテル

    夏休みの家族旅行に!白樺湖畔の高原リゾートホテル<特典満載>

アーカイブ

料理が評判の宿

  1. 下関のふぐ旅館
  2. 宮島で牡蠣料理が評判のホテル
  3. 若狭ふぐが食べられる漁師宿

ピックアップ記事

  1. 光雲閣
  2. 軽井沢おもちゃ王国
  3. 旅人岬

アーカイブ

ページ上部へ戻る