茨城県であんこう鍋の宿に泊まるなら北茨城市のまるみつ旅館がおすすめです。

まるみつ旅館のあんこう鍋

あんこう鍋は茨城県を代表する冬の味覚。アンコウがもっともおいしい時期は、肝(きも)が肥大する1月から2月。茨城にアンコウを食べに行くならこの時期がおすすめ。に今回は、茨城県の平潟(ひらかた)で、あんこう料理を専門に創業70年の歴史を誇る まるみつ旅館 をご紹介します。

あんこう鍋 あんこう料理というとあんこう鍋やどぶ汁が定番ですが、まるみつ旅館では、あんこう鍋やどぶ汁のほかにも生肝・蒸し肝・ほほ肉のお刺身・供酢・唐揚げ・あんこうご飯など、あんこうの部位を使った料理も食べられる あんこう宿泊プラン も各種用意されています。

あんこう生肝 こちらは、アンコウの生肝(なまきも=あん肝)。あん肝は新鮮だからこそ食べられる珍味。口の中でとろけます。

あんこう蒸肝 濃厚な味わいのアンコウの蒸し肝は日本酒のお供にピッタリ。

あんこうの頬肉のお刺身 あんこうのホホ肉のお刺身。味は淡泊ですが身がしまっていてプリプリの食感が楽しめます。

あんこうの供酢 湯引きした皮やヒレなどを酢味噌で味わう供酢(ともず)はコラーゲンたっぷりなので女性におすすめ。翌日はお肌がプルプルです。

あんこうの唐揚げ 平潟名物のアンコウの唐揚げ。サクサクした食感でお子さまにも人気があります。

あんこうご飯 あんこうの旨みと栄養分が凝縮されているアンコウご飯。あんこう鍋の〆で食べる雑炊とはひと味違ったおいしさです。

まるみつ旅館の部屋 まるみつ旅館の部屋は落ち着いてくつろげる和室が13室と洋室が1部屋。全室にトイレ・エアコン・テレビが付いています。

海藻露天風呂 お風呂のお湯は天然温泉100%(平潟港温泉)。海藻露天風呂・美泥の湯など美肌の湯も人気。美肌温泉とあんこうのコラーゲンで、お肌がもちもちツルスベになります。

あんこうの骨

館内にはアンコウの骨やあんこうのぬいぐるみなども吊るされています。大きな口を開けたあんこうの骨は最初はちょっとビックリするかも(笑)

あんこうどぶ汁 まるみつ旅館では、あんこう鍋よりも濃厚な味わいのあんこうどぶ汁も食べられます。最後の雑炊は絶品。どぶ汁を楽しみたいかたは どぶ汁・供酢・から揚げ3種あんこう料理プラン がおすすめです。

茨城県では冬の時期、まるみつ旅館のある北茨城市のほかにも日立市・ひたちなか市・水戸市・大洗町などの宿やホテルで、あんこう鍋やどぶ汁が楽しめます。リーズナブルな値段であんこう料理が食べられる民宿も人気があります。

茨城県 あんこう鍋が食べられる宿

賢治

投稿者プロフィール

埼玉県在住。1956年生まれ。自由業。定年前に勢いで会社を辞めて自由人になった還暦おやじ。趣味は中国古典の翻訳。家族五人

この著者の最新の記事

関連記事

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ

ピックアップ記事

  1. 白樺ファミリーランド

    白樺ファミリーランドのフリーパス付き宿泊プランのあるホテル

アーカイブ

料理が評判の宿

  1. 粟津温泉のとやのカニ料理
  2. 竹崎ガニの宿
  3. 若狭ふぐが食べられる漁師宿

クローズアップ記事

  1. きらの里

    女子旅に!伊豆高原の里山に佇む美肌の湯と料理が評判の温泉宿

  2. カニ会席

    山中温泉でカニ料理が評判の旅館といえば白鷺湯たわらやです。

  3. 古奈別荘

    大人旅に!伊豆長岡温泉にある離れの宿<全6室>老舗の名旅館

  4. 四季Yuzawa QUATTRO

    越後湯沢温泉の高級旅館に宿泊するなら四季Yuzawaクワトロです。

アーカイブ

ページ上部へ戻る