山中温泉の高級旅館に宿泊するなら胡蝶の特別室・聚楽第がおすすめです。

山中温泉 胡蝶

石川県・加賀温泉郷のひとつ山中温泉(やまなかおんせん)。渓谷に沿って広がる温泉地です。今回ご紹介するのは、山中温泉の高級旅館 胡蝶(こちょう)。創業は昭和33年(1958年)。一部屋しかない特別室・聚楽第(じゅらくだい)は、一度は泊まってみたい憧れのお部屋です。

館内 館内は、やわらかい灯りと木のぬくもり。居心地のよさを感じさせてくれます。九谷焼(くたにやき)をはじめ貴重な蔵物を展示しているギャラリーもあります。

聚楽第(外観) 胡蝶といえば特別室の聚楽第(じゅらくだい)。上の写真は聚楽第の外観。2階建ての一軒家を貸し切りにして、宿泊客に提供しているお部屋です。もともとは胡蝶の創業者の別荘として、昭和初期(昭和15年=1940年)に建てられたもの。

聚楽第(客室) 繊維業で財をなした胡蝶の創業者は、この別荘(聚楽第)を木の美しさで満たしました。欄間(らんま)は、手の込んだ彫刻で飾られています。北陸が誇る職人技・井波彫刻(いなみちょうこく)です。

縁側 縁側は、ケヤキの一枚板。庭を見るためだけに造られました。

和室 広縁 寝室 露天風呂 聚楽第には、内湯と露天風呂のお風呂も付いています(上の画像は露天風呂)。聚楽第の空室状況などは 胡蝶の宿泊プラン で確認できます。

大浴場 館内には大浴場と露天風呂のほかに貸切風呂もあります。上の写真は大浴場。山中温泉の名勝・鶴仙渓(かくせんけい)が目の前に広がります。奥の細道の旅で、松尾芭蕉も山中温泉の湯につかり、大感激。「山中や菊は手折らじ湯の匂ひ」(やまなかや きくはたおらじ ゆのにおい)という句を残しています。

料理 山中温泉 胡蝶の夕食です(聚楽第は夕食・朝食ともにお部屋食)。日本海の海の幸・加賀の山の幸を選りすぐった郷土料理を加えた加賀懐石でもてなしてくれます。料理に使われる器は九谷焼と山中漆器。見た目も鮮やか。上の写真は、山中温泉の名物料理・うなぎの白焼きです。

離れ 一度は泊まってみたい憧れの特別室・聚楽第(じゅらくだい)。銀婚式や還暦・古希のお祝いなど、記念日旅行におすすめです。ただし聚楽第は一部屋しかありません。山中温泉・胡蝶の聚楽第に宿泊するなら早めの予約が必要です。

山中温泉 胡蝶の宿泊プランを見てみる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

賢治

投稿者プロフィール

埼玉県在住。1956年生まれ。自由業。定年前に勢いで会社を辞めて自由人になった還暦おやじ。趣味は中国古典の翻訳。家族五人

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 夏休みの子連れ旅行で宿泊したリカーヴ箱根

    夏休みに子連れで泊まったリカーヴ箱根はバイキングがおいしかったです。

おすすめ高級宿

  1. フォンテーヌブロー熱海
  2. 六日町温泉 龍言
  3. 新井旅館

クローズアップ記事

  1. 陶泉 御所坊

    谷崎潤一郎が愛した有馬温泉の老舗旅館|陶泉御所坊

  2. ゆがわら石亭の料理

    湯河原温泉の割烹旅館ゆがわら石亭を写真で紹介<懐石料理が絶品>

  3. 手打ち蕎麦やまびこ(埼玉県越谷市)

    埼玉県越谷市の手打ち蕎麦やまびこに車で行ってきました。

  4. 四万温泉の滝見の湯宿

    BSフジ『絶景温泉』で木村桜子さんが宿泊した四万温泉の滝見の湯宿

ページ上部へ戻る