伊香保温泉

美しい上州の山懐に抱かれた群馬屈指の癒しの名所・伊香保(いかほ)。シンボルは石段街。石段をはさんで左右に旅館・土産物屋・射的場などが立ち並び、温泉情緒をかもし出しています。

展望露天風呂 伊香保温泉の自慢は二つの宝物。茶褐色の黄金の湯(こがねのゆ)と無色透明の白銀の湯(しろがねのゆ)。今回は、BSフジ『絶景温泉』(第42回)で放映された、伊香保温泉で白銀の湯が楽しめる絶景の温泉宿 和心の宿(わごころのやど)オーモリ をご紹介します。

外観 東京から上越新幹線と電車・バスを乗り継いで約2時間半。伊香保温泉の中心に位置する和心の宿オーモリ。美肌成分のメタケイ酸を多く含み肌がすべすべになるという無色透明の白銀の湯が楽しめます。

客室 客室は、伊香保に咲く野花をモチーフとして、友禅染やちぎり絵で四季の彩りを配し、窓からは伊香保の街が一望できます(部屋のタイプは 宿泊プラン によって異なります)

露天風呂 こちらは白銀の湯が堪能できる屋上露天風呂。伊香保古来の黄金の湯に対し、白銀の湯は、20年ほど前から湧き出ている新しいお湯で、泉質は、美肌成分で知られるメタケイ酸を多く含むメタケイ酸含有泉。効能は、疲労回復・病後回復・健康増進など。

露天風呂からの眺め 露天風呂の目の前に望むのは伊香保の山々。右手には登山ルートとしても人気が高い子持山(こもちやま)、左手には小野子山(おのこやま)、二つの山の背後には谷川連峰が見えます。天気がいいと、日本百名山のひとつ武尊山(ほたかやま)も見ることができます。

地産地消の料理 伊香保温泉・和心の宿オーモリの夕食です。オーモリの料理のこだわりは地産地消。季節の地のものを厳選し、趣向をこらした品々で楽しませてくれます。

上州もち豚 宿の名物は、群馬県のブランド豚・上州もち豚を使ったすき焼き。群馬名産の下仁田ネギ(しもにたねぎ)との相性も抜群です。ちなみに群馬県は、すき焼きのすべての食材を県産でまかなえるすきやき自給率100%の県なんです。知ってました?

もち豚は別名・無菌豚(むきんぶた)とも呼ばれ、あまり火を通さなくても食べられるタイプのお肉なので、ちょっと火が通ったあたりが食べごろです。お肉もやわらかく、口に含むと甘さが口の中いっぱいに広がります。

朝食 朝食も地産地消にこだわった体にやさしい品々。キビ粥(または白米)・焼き魚・温泉卵・みそ汁…。なかでもキビ粥のほっとする味は評判の一品。

女将 心のこもった群馬づくしの料理と、美肌成分のメタケイ酸をたっぷり含んだ白銀の湯が堪能できる 伊香保温泉 和心の宿 オーモリ は、女性におすすめの温泉旅館です。女将の笑顔に癒されるという常連客も数多いとか。

BSフジ『絶景温泉』(第42回)で紹介された、伊香保温泉の黄金の湯が満喫できる老舗宿・ホテル木暮はこちらの記事で紹介しています。

絶景温泉(BSフジ)で高沢奈苗さんが宿泊した伊香保温泉・ホテル木暮

賢治

投稿者プロフィール

埼玉県在住。1956年生まれ。自由業。定年前に勢いで会社を辞めて自由人になった還暦おやじ。趣味は中国古典の翻訳。家族五人

この著者の最新の記事

関連記事

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ

ピックアップ記事

  1. 塩原温泉の湯宿

    夏休みの夫婦旅行におすすめ!塩原温泉の川沿いに佇む静かな湯宿

アーカイブ

夏休み旅行おすすめ宿

  1. ホテルリゾリックス車山高原
  2. 池の平ホテル
  3. ホテルパイプのけむり

クローズアップ記事

  1. 上大島キャンプ場に格安料金でテントをレンタルして行ってきました。

  2. すずらん群生地(北海道平取町)

    北海道のすずらん群生地・平取に宿泊するなら平取温泉ゆからですね。

  3. あたみ石亭

    2015年5月にリニューアルオープンした熱海の高級老舗旅館

  4. 蓬莱屋旅館

    南房総・天津小湊温泉の伊勢海老と新鮮な海の幸を使った料理自慢の宿

アーカイブ

ページ上部へ戻る