金目鯛料理と海一望の絶景が楽しめる稲取温泉いなとり荘

いなとり荘

東京からJR特急踊り子で約2時間20分。東伊豆の大海原に突き出した岬に宿が連なる稲取温泉(いなとりおんせん)。今回ご紹介するのは、潮騒が間近に聞こえる海辺の一等地に建つ 稲取温泉 いなとり荘。創業60周年を迎えた海一望の温泉リゾートです。

オープンテラス ラウンジから一歩外に踏み出せば、水平線が一望できる海辺のバルコニー。陽光が降り注ぎ、風光明媚(ふうこうめいび)な稲取の情景に心安らぎます。まさに気分壮快。

客室 客室は全室オーシャンビュー。窓から眺める景色の半分以上、海が占めています。晴れた日には新島(にいじま)や式根島(しきねじま)など伊豆七島の島々が間近に見えて、チェックアウトが12時までなので、ぎりぎりの時間まで、ごろりと横になって、海と空と島の景色を満喫できます。

客室露天風呂 源泉掛け流しの露天風呂付き客室もあります。海に沈む夕日を眺めながら絶景をひとり占め。ぜいたくな湯浴みが楽しめます(客室のタイプは 宿泊プラン の中から選べます)

展望大浴場 お風呂からも海が一望できます。おすすめは本館最上階にある展望大浴場。開放感たっぷりです。天気がよければ伊豆七島も望めます(上の写真は男性展望大浴場)

女性露天風呂 こちら(上の画像)は、本館最上階にある女性露天風呂。さながら天空の桃源郷(とうげんきょう)。心地よい潮風に包まれ、心身ともにリフレッシュ。これぞ東伊豆・温泉旅行の醍醐味です。

鮮魚 稲取温泉いなとり荘の夕食です。お造りは、その日おすすめの鮮魚の中からお好きな魚をひとり一品選べます。ときには珍しい地魚が並ぶこともあるので、魚好きにはたまりません。

お造り 選んだ鮮魚のほかに、マダイ・スズキ・シマアジ・オゴダイ・カンパチ・イサキ・伊勢エビ・サザエ…。料理長厳選の魚介といっしょに大皿盛りで。お刺身は、伊豆大島産の天然塩(深層海塩ハマネ)でいただくのが宿おすすめの食べ方。

金目鯛のしゃぶしゃぶ いなとり荘の自慢は金目鯛料理。まずは伊豆近海キンメダイのしゃぶしゃぶ。脂ののったキンメダイをさっとお湯にくぐらせていただきます。

キンメダイの姿煮 キンメダイといえば姿煮。伊豆近海で獲れたキンメダイは漁師風の姿煮で。稲取では祝いの膳には欠かせない郷土料理です。秘伝のタレが染みこんだ身はふっくら。ご飯もすすみます。

金目鯛の握り寿司 さらに宿のオリジナルサービスで、金目鯛の握り寿司を二貫追加サービスしてくれる宿泊プランも人気です。

アワビの踊り焼き なんと、火の物ではアワビの踊り焼きもいただけます(料理は季節・仕入れ・宿泊プランによって替わります)

アワビの天ぷら 中皿(なかさら)は、海老のトマトブイヤベース・鮑(あわび)の天ぷら・国産牛ステーキの中からお好きな料理を一品選べます(上の写真はアワビの天ぷら)。各自で選んだ料理をシェアするのもいいですね。

創作料理 金目鯛をメインにした豊かなもてなし。漁師町ならではです。海一望の絶景と地元・稲取の旬にこだわった創作会席。東伊豆・稲取温泉いなとり荘。満足できるお宿です。

稲取温泉 いなとり荘の口コミを見てみる

真由美

投稿者プロフィール

埼玉県在住。1972年生まれ。主婦。水泳選手だったころの体型とは別人になったママ。趣味はカラオケ。家族四人

この著者の最新の記事

関連記事

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ

ピックアップ記事

  1. 上諏訪温泉 渋の湯

    夏休みに毎日花火が見える諏訪湖畔の宿といえば上諏訪温泉の渋の湯です。

アーカイブ

料理が評判の宿

  1. 下関のふぐ旅館
  2. 天然クエ料理が食べられる宿
  3. ズワイガニ会席コース

クローズアップ記事

  1. 倉敷の美観地区に宿泊するなら宿は旅館くらしきがおおすすめです。

  2. 鷹ノ巣温泉

    鷹ノ巣温泉の吊り橋を渡ってすぐ!新潟県の秘湯宿・鷹の巣館

  3. 強羅公園

    女子旅におすすめ!メルヴェール箱根強羅のお風呂や食事を写真で紹介

  4. 川棚温泉 小天狗さんろじ

    下関でふぐ料理と温泉が楽しめる大人の隠れ宿<全8室>

アーカイブ

ページ上部へ戻る