白いにごり湯を自家源泉かけ流しで楽しめる白骨温泉・新宅旅館

新宅旅館

鎌倉時代からの歴史を誇る信州の湯の里・白骨温泉(しらほねおんせん)。乳白色の濁り湯は、武田信玄の隠し湯だったことでも知られています。今回ご紹介するのは、白骨温泉 新宅旅館 (しんたくりょかん)。創業から150年。白骨を代表する老舗宿です。

客室 客室は和室と洋室のほか露天風呂付き客室もあります。どの部屋もゆとりのある間取りでゆったりとくつろげます。開放的な窓からは自然林を一望。四季折々の景色が楽しめます(客室のタイプは 宿泊プラン の中から選べます)

お部屋でひと息ついたら宿自慢の温泉へ

乳白色の濁り湯 白骨温泉の名の由来となった白い湯は、なめらかでやさしい肌触り。自家源泉をぜいたくに掛け流し。三日入れば三年風邪をひかないと言われるほど、体を芯から温めてくれます。

露天風呂

湯煙の向こうには山々の絶景。大自然の息吹に体も心も癒されます。絶景露天風呂を満喫したあとは、お待ちかねの夕食です。

会席料理

料理は地元の食材をふんだんに使った会席膳。まずは信州サーモン山かけイワナ竹紙昆布締め。名産の信州サーモンはとろけるような舌触りと濃厚な旨みが特徴。とろろ芋が添えられています。

イワナの塩焼き こちらはイワナの塩焼き。脂が乗って身はふわふわ。季節や宿泊プランによって、岩魚骨酒や岩魚の姿造りなどもいただけます。

信州牛の朴葉味噌焼き

メインは、りんごをエサに育った信州牛の朴葉味噌焼き。秘伝の味噌をからめて焼きあげます。脂の甘みと味噌のコクの絶妙な旨みが口の中に広がります。

朝食 朝食は温泉粥付き和食膳。温泉で炊いた温泉粥をひとりずつ土鍋でいただきます。消化もよく体にやさしい一品です(料理は季節や仕入れによって替わります)

乳白色のにごり湯と信州の名物を食べ尽くす至福のもてなし。満足できます。長野県で白いにごり湯の宿に宿泊するなら 白骨温泉の新宅旅館 はおすすめのお宿です。


にごり湯の宿

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者プロフィール

神奈川県在住。1973年生まれ。会社員。ゴルフとスーパー銭湯が大好きな中間管理職。休みがとれないのが悩みの種。家族四人

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 夏休みの子連れ旅行は木更津ホテル三日月竜宮城で!

料理が評判の宿

  1. 川棚温泉 小天狗さんろじ
  2. 皆生菊乃家 松葉ガニのフルコース
  3. 宮島で牡蠣料理が評判のホテル

クローズアップ記事

  1. つるや吉祥亭

    東伊豆・つるや吉祥亭の甘酒横丁や天ぷら食べ放題の夕食などを画像で紹介

  2. 長瀞

    縦走ふれあい旅でパンチ佐藤さんたちが宿泊した長瀞の旅館

  3. 紅葉の鬼怒川渓谷

    鬼怒川温泉の七重八重に母娘で宿泊。紅葉もきれいでした。

  4. 有馬温泉 ねぎや陵楓閣

    狩野恵里アナ(テレビ東京)が拝シャンを披露した有馬温泉の宿

ページ上部へ戻る