奇跡の湯と呼ばれる自家源泉かけ流しの宿|奥津温泉 奥津荘

名泉鍵湯 奥津荘

JR津山駅からバスで市内を回り、北へと走ること約1時間。今回ご紹介するのは、吉井川沿いに開けた小さな温泉郷・奥津温泉(おくつおんせん)の老舗旅館 名泉鍵湯 奥津荘 (めいせんかぎゆ おくつそう)

ラウンジ 奥津荘の創業は昭和2年(1927年)。館内は老舗ならではの風情をたたえています。

棟方志功の版画 館内には、昭和の版画の巨匠・棟方志功(むなかたしこう)の作品が展示されています。昭和22年から昭和28年ごろまで、たびたび奥津荘に訪れたという棟方志功。奥津荘では特別に許可を得てアメニティグッズなどにも棟方志功の作品が使われています。

客室(離れ) 客室は全8室。こちらは離れの客室です。玄関に入ると純和風のしつらえ。老舗旅館の情緒豊かなたたずまいに抱かれて、ゆったりと過ごせます(客室のタイプは 宿泊プラン によって選べます)

客室露天風呂 縁側には露天風呂があります。陶器の湯船を満たすかけ流しの名湯をひとり占めできます。

鍵湯 こちらは宿自慢の大浴場「鍵湯」(かぎゆ)。鍵湯と名づけられているのは、その昔、津山藩主が名湯を独占しようと、鍵をかけて入ったお風呂だと言われています。そのお風呂を取り込んで建てられたのが奥津荘なんです。

温泉 お湯は源泉が湯船の底から自噴するアルカリ性単純泉。奇跡の湯とも呼ばれる温泉は、ラジウムを多く含み、美肌効果もあるというのが、うれしいですね。

立ち湯 奥津荘には珍しい立ち湯もあります。その名のとおり、立ってつかる湯船は深さ 1.2メートル。立ち湯も湯船の底から源泉が自噴。奇跡の温泉・奥津の名湯を満喫できます。

食事処 夕食は食事処でいただきます。横を流れる吉井川の風情を楽しみながら料理に舌鼓を打つことができます。

前菜 まずは前菜。いろいろな品が盛り合わされています。オクラのゴマあえ・信州名物の牛の煮こごりなどの郷土料理に加えて、各地から取り寄せた食材に、技を尽くした料理が並びます。

お造り お造りは、マダコ・シロイカ・シマアジなど、瀬戸内海産と日本海産の二つの海の恵みが楽しめます。

強蒸し 地元産のもち米と、山菜やきのこを温泉で蒸した強蒸し(こわむし)も絶品。

魚の塩焼き こちらは吉井川の恵み・天然鮎の塩焼き。秋の落ち鮎は脂が乗っています。

そずり鍋 イチバン人気の料理は「そずり鍋」。牛骨からそぎ取った肉(そずり肉)を煮込んでとった出汁(だし)を塩味でシンプルにいただく逸品。肉からしみ出る旨みがたまりません。

離れの客室 郷土の美味と瀬戸内海・日本海の美味。中国地方中央部ならではの味わい豊かなもてなしと、奇跡の湯と呼ばれる自家源泉の名湯を心ゆくまで堪能。岡山県 奥津温泉 奥津荘 は、本物の温泉が源泉かけ流しで楽しめる温泉情緒あふれる老舗旅館です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

賢治

投稿者プロフィール

埼玉県在住。1956年生まれ。自由業。定年前に勢いで会社を辞めて自由人になった還暦おやじ。趣味は中国古典の翻訳。家族五人

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 一柳閣

    熱川YOU湯ビーチが目の前!海鮮料理が自慢の夏休み旅行におすすめの宿

料理が評判の宿

  1. 大洗 ホテルのどぶ汁
  2. まるみつ旅館のあんこう鍋

クローズアップ記事

  1. 翠海

    2016年3月ニューオープンの宿<南房総>緑水亭勝浦別館・翠海

  2. 土湯温泉 小滝温泉

    福島県の岩魚料理が名物の宿|奥土湯温泉・小滝温泉

  3. すし久 の手こね寿司

    伊勢神宮内宮前のおかげ横丁・すし久で「てこね寿司」を食べてきました。

  4. 渋温泉金具屋

    渋温泉金具屋の部屋・風呂・食事を画像で紹介しています。

ページ上部へ戻る