星野リゾートトマムの部屋・食事・アイスビレッジを画像で紹介

星野リゾートトマム

JRトマム駅から宿の送迎バスで約8分。今回ご紹介するのは北の大地に巨大なツインタワーがそびえ立つ 星野リゾートトマム 。スキー場やアイスビレッジなど一日では遊び尽くせないほどの施設が充実している滞在型リゾートです。

ロビー 宿に到着。チェックインはロビーのソファーで。温かいコーンスープが運ばれてきました。うなしいおもてなしですね。ウェルカムスープでひと息ついたら客室へ

客室 こちらの客室は北海道スタイルルームと名づけられたお部屋で、至るところに旭川で作られた家具(旭川家具)が使われています。

ジャクジーバス 外の景色が望めるジャクジーバスも完備。もちろんお部屋にはベッドルームも付いています(客室のタイプは 宿泊プラン の中から選べます)

スキー場 高級リゾートホテルに泊まったのですからその魅力を存分に味わいましょう。まずはリゾート内のスキー場へ。スキー・スノーボード・スノーバイク・キッズフィールド…。極上のパウダースノーが楽しめます。

レストラン 星野リゾートトマムの夕食です。食事の場所はリゾート内にあるいくつものレストランの中から選ぶことができます。

こちら(上の写真)は人気のビュッフェダイニング。和食・洋食・海の幸・山の幸・軽いものからお腹にたまるものまで、さまざまな料理を好きなだけ楽しむことができます。もちろんデザートも充実しています。

ライブキッチン お客の目の前で豪快に焼きあげるお肉料理。なんとも食欲をそそる牛肉の鉄板焼き。これも食べ放題というのですからなんとも太っ腹です。

ビュッフェダイニング もちろんご飯ものも用意されています。北海道産の新鮮なホッキ貝を使ったホッキ丼。ホッキ貝の下にはとろろが敷かれています。これはたまりません。

アイスビレッジ 夕食のあともさまざまな楽しみが用意されています。リゾートの一画に作られているのはアイスビレッジ(冬の時期3月中旬までの営業)。その名のとおり氷で作られている村。村というだけあってさまざまな施設があります。

アイスバー こちら(上の画像)はお酒が飲めるアイスバー。カウンターはもちろんイスもすべて氷で作られています。アイスバーでいただくお酒はなんと氷のグラスで。冷え冷えの一杯が楽しめます。

チーズフォンデュ アイスビレッジには氷のレストランもあります。人気メニューはアルプス地方の家庭料理・チーズフォンデュ。熱々の料理を氷のレストランで味わうことができます。

氷の教会 なんと氷の教会もあるんです。実際に星野リゾートトマムの氷の教会で結婚式をあげたカップルが何組もいるそうです。

氷のラボ 飛びきりユニークなのがこちらの氷のラボ。雪の結晶レプリカ作りが体験できます(有料)。雪の結晶に特殊な液を加えて固め、ケースに入れてペンダントやキーホルダーに。旅の思い出に持ち帰れます。

屋内プール アイスビレッジとは打って変わって暖かい体験ができるのは大きな屋内プール・ミナミビーチ。真冬の北海道でも南国気分を味わえます。

露天風呂

こちらは露天風呂。雪見の湯浴みとはなんともぜいたく。

レストラン 翌朝――。朝食はレストランで。木がふんだんに使われたナチュラルテイストのお店で道内産の食材にこだわった料理をいただけます。

朝食 こちらが星野リゾートトマム自慢の朝食です。ヘルシーな野菜ジュースや栄養のバランスを考えたメニューの数々。朝から食欲がそそられます。

スキー場 とても一日では楽しみ尽くせない充実の施設とサービス星野リゾートトマムに宿泊するなら一泊二日ではなく二泊三日、三泊四日の滞在がおすすめです。

星野リゾートトマムの口コミを見てみる

舞子

投稿者プロフィール

千葉県在住。1982年生まれ。会社員。趣味は編み物。有給休暇を使って温泉一人旅と通販生活を楽しむOL。独身

この著者の最新の記事

関連記事

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ

ピックアップ記事

  1. ホテルサンバレー那須

    夏休みの女子旅におすすめ!那須高原の温泉リゾート

アーカイブ

夏休み旅行おすすめ宿

  1. ホテルリゾリックス車山高原
  2. オナーズヒル軽井沢
  3. 温泉付きコテージ

クローズアップ記事

  1. 土佐御苑

    林家三平・綿引勝彦さんが旅番組で宿泊した高知県の老舗旅館

  2. 七滝温泉天城荘

    夏の家族旅行に!伊豆で温泉プールのある宿<七滝温泉天城荘>

  3. 鎌倉パークホテル

    長谷寺と鎌倉大仏へ徒歩圏内!アクセス便利な鎌倉パークホテル

  4. 西村屋本館

    一度は泊まりたい宿<関西>城崎温泉の老舗旅館・西村屋本館

アーカイブ

ページ上部へ戻る