月山志津温泉・雪旅籠の灯りの宿泊先はつたやがおすすめです。

月山志津温泉つたや

山形の中でもとりわけ雪が多く、積雪が6メートルにも及ぶ月山志津温泉(がっさんしづおんせん)。場所は山形県の真ん中に位置する西川町(にしかわまち)。冬の時期は「雪旅籠の灯り」(ゆきはたごのあかり)も行なわれます。

ロビー 今回ご紹介するのは雪国の宿、月山志津温泉つたや 。江戸時代中期の古い旅館でしたが、20年ほど前にリニューアル。落ち着いたロビーも居心地満点です。

客室 客室は直線を活かしたモダンな和室。窓からは月山(がっさん)が見えます。月山は山岳信仰の聖地。出羽三山(でわさんざん)のひとつです。つたやは昔、山に入る行者の宿でした。お部屋でひと息ついたら温泉へ

お風呂 宿自慢のお風呂は檜風呂。変若水(おちみず)の湯と名づけられています。変若水とは若返りの水のこと。トロッとする泉質で、肌にやさしく、湯冷めしにくいのが特徴です。死と再生の山と言われる月山の湯。汗を流すと生き返ります。

会席料理 月山志津温泉つたやの夕食です。もてなしは月替わりの会席料理。地元で採れた山菜をはじめ季節の旬の美味がいただけます。

山菜 小鉢にはゼンマイの煮物。隠し味の唐辛子がピリリと効いています。そのほか、ワラビの一本漬けやウドの煮物など、地元で採れた山菜が楽しめます。

焼き物 焼き物は岩魚(いわな)のキノコ焼き。森の香りが楽しめます。

雪旅籠の灯り 夕食のあとは夜の雪旅籠の灯り(ゆきはたごのあかり)を見に行きましょう。雪旅籠の灯り は、2,000本近くのロウソクを灯して、江戸時代の旅籠の街並みを雪で表現した、月山志津温泉の真冬の最大イベント。

会場を訪れると、たくさんの人が今だけの夢の風景を歩いています。雪旅籠の中に入ってみると、ゆらめくロウソクの灯りに癒されます。冷たいはずの雪が、とても暖かく感じられる、幻想的な時間が流れていきます。

雪旅籠の灯りの動画もご覧ください。



月山志津温泉 変若水の湯 つたやの口コミを見てみる


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

真由美

投稿者プロフィール

埼玉県在住。1972年生まれ。主婦。水泳選手だったころの体型とは別人になったママ。趣味はカラオケ。家族四人

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 割烹の宿 大観荘

    夏休みの母娘旅行におすすめ!海鮮料理が自慢の東伊豆の温泉宿

料理が評判の宿

  1. 焼き牡蠣
  2. どぶ汁
  3. 島根県のカニ宿 玉造温泉・白石家

クローズアップ記事

  1. 小樽朝里クラッセホテル

    おりも政夫・おりもりお父娘が旅番組で宿泊した小樽の温泉宿

  2. 塩化物泉の温泉

    塩化物泉の名湯|熱塩温泉の山形屋(福島県)

  3. 長瀞

    縦走ふれあい旅でパンチ佐藤さんたちが宿泊した長瀞の旅館

  4. 雲仙観光ホテルのダイニング

    雲仙観光ホテルのディナーと朝食(洋食・和食)を画像でご紹介します。

ページ上部へ戻る