野沢温泉に宿泊するなら郷土料理の取り回し鉢が評判の住吉屋ですね。

野沢温泉の住吉屋

長野県の名湯・野沢温泉。古き良き時代の面影を今に残す湯の町です。今回ご紹介するのは、野沢温泉の坂道に面した木造三階建ての 村のホテル 住吉屋(すみよしや)。創業は明治2年(1869年)。郷土料理の取り回し鉢が評判の老舗旅館です。

ロビーラウンジ 館内にはやわらかい灯りがこぼれています。ロビーラウンジのランプシェード(上の写真)は、アケビの蔓(つる)を編んだそうです。

客室 客室は14部屋。お部屋にもアケビ蔓(づる)の灯りが。冬はこたつで暖をとったり、火鉢のある窓辺で過ごしたり、雪国の宿らしい心配りに安らぎます(客室のタイプは 宿泊プラン の中から選べます)

内湯 内湯は大正ロマン調なレトロな雰囲気。ステンドグラスの彩りの光が湯をきらめかします。温泉は宿の敷地内から自然湧出している源泉を掛け流し。泉質はやわらか。効能豊かな温泉で飲泉もできます。

取り回し鉢 野沢温泉・住吉屋の夕食です。もてなしは野沢の郷土料理。地物の野菜や山菜の大鉢がずら8品。ゴボウの太煮(ふとに)に、ゼンマイ・キクラゲ・塩煮芋(小芋の丸煮)…。江戸時代から野沢に伝わる「取り回し鉢」(とりまわしばち)と呼ばれる祝膳料理(しゅくぜんりょうり)です。

地酒 祝いの席で取り回し鉢を食べ、酒を酌み交わし、野沢の人たちは強く結ばれました。今は、客と宿を結ぶ味です。取り回し鉢は素朴な料理ですが、宿泊客からは「何よりのごちそう」と、評判を呼んでいます。

料理 田舎に帰ったようなほっこりとした気分にひたれるもてなしと料理の数々。野沢温泉・住吉屋。口コミ評価が四つ星以上というのもうなずけます。

野沢温泉 住吉屋の口コミを見てみる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

賢治

投稿者プロフィール

埼玉県在住。1956年生まれ。自由業。定年前に勢いで会社を辞めて自由人になった還暦おやじ。趣味は中国古典の翻訳。家族五人

この著者の最新の記事

関連記事

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ

ピックアップ記事

  1. 塩原温泉の湯宿

    夏休みの夫婦旅行におすすめ!塩原温泉の川沿いに佇む静かな湯宿

アーカイブ

おすすめ高級宿

  1. 岩室温泉高島屋
  2. 奥の院ほてるとく川 別邸アクア
  3. 稲取温泉 浜の湯

クローズアップ記事

  1. グソクムシ(ヨコハマおもしろ水族館)

    横浜おもしろ水族館でオオグソクムシとフウセンウオを見た感想<画像あり>

  2. 鬼怒川プラザホテル

    女子旅におすすめ!鬼怒川温泉の源泉掛け流し露天風呂付きホテル

  3. 源氏香

    母娘旅行におすすめ!知多半島の海山の幸が堪能できる温泉旅館

  4. 玄妙庵

    戦場カメラマンの渡部陽一さんが旅番組で宿泊した天橋立の老舗旅館

アーカイブ

ページ上部へ戻る