奥日光小西ホテルの温泉・部屋・夕食の料理などを写真で紹介

奥日光小西ホテル

標高およそ1,500メートルの高原リゾート、栃木県・奥日光湯元温泉。今回ご紹介するには、奥日光小西ホテル(おくにっこうこにしほてる)。都会の喧噪を逃れ、自然に親しむには格好の宿です。

暖炉 広々としたロビーラウンジ。冬になるとロビーの暖炉に火が灯ります。暖炉の火で温まりながら、こだわりのブラジルコーヒーが無料でいただけます。

紅葉の湯ノ湖 ホテルの専用ガイドが案内するネイチャーウォッチングツアーも人気(有料)。ガイドブックには載っていないスポットも案内してもらえます。上の写真は小西ホテルすぐそばにある紅葉の時期の湯ノ湖です。

客室 部屋数は44。上の写真は和洋室。窓からは男体山(なんたいさん)が望めます(客室のタイプは 宿泊プラン の中から選べます)

露天風呂 奥日光を訪れるいちばんの楽しみは温泉。1,200年あまりの歴史を誇る名湯。湯ノ湖のほとりには源泉があり、硫黄の臭いとともにこんこんと湯が湧き出ています。これが宿へと引かれています(上の写真は露天風呂)

雪見露天風呂 乳白色の湯は新鮮なので肌あたりもやわらか。天然の保湿成分といわれるメタケイ酸を豊富に含み、肌に潤いをもたらすので、入浴後は肌がすべすべになります。冬の時期、露天風呂は雪見露天になります。露天風呂のほかにも大浴場と貸切露天風呂があります。

前菜 奥日光小西ホテルの夕食です。旬の地元の食材をふんだんに使った彩り豊かな深山懐石でもてなしてくれます。料理はできたてを一品一品(ひとしなひとしな)いただけます(上の写真は前菜)

ニジマスの塩焼き 日光の清流で育った新鮮なニジマスは塩焼きで。炭を使い、遠火(とおび)でじっくり2時間かけて焼きあげることで、風味が増し、ひと味もふた味も違ってきます。

和牛の陶板焼き こちら(上の画像)は、A5ランクとちぎ和牛の陶板焼き。心おきなく味わえる上質なサシの入った最上級A5ランクのとちぎ和牛。陶板でほどよく焼けば、肉汁たっぷり。これはたまりません。

会席料理 贅を尽くしたもてなしが、大切な旅の一夜を盛り立ててくれます。日光湯元温泉に宿泊するなら奥日光小西ホテルがおすすめです。お得に泊まれる宿泊プランも多数用意されています。

奥日光小西ホテルの宿泊プランを見てみる。

真由美

投稿者プロフィール

埼玉県在住。1972年生まれ。主婦。水泳選手だったころの体型とは別人になったママ。趣味はカラオケ。家族四人

この著者の最新の記事

関連記事

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ

ピックアップ記事

  1. 中伊豆の温泉宿

    夏休みの女子旅におすすめ!囲炉裏料理と立ち湯が楽しめる中伊豆の温泉宿

アーカイブ

料理が評判の宿

  1. あわら温泉 清風荘 カニ会席
  2. 淡路島で三年とらふぐが食べられる旅館
  3. 粟津温泉のとやのカニ料理

クローズアップ記事

  1. 赤目温泉 対泉閣

    赤目四十八滝・忍者の森の目の前にある忍者ゆかりの温泉宿・対泉閣

  2. 紅葉の白骨温泉

    白骨温泉の紅葉の見頃は10月中旬。宿泊するなら湯川荘がおすすめ!

  3. 伊勢屋旅館

    小浜温泉・伊勢屋旅館の客室・風呂・料理を画像で紹介

  4. 横手館

    上州牛と黄金の湯が堪能できる伊香保温泉の老舗旅館・横手館

アーカイブ

ページ上部へ戻る