城崎温泉西村屋の蟹(かに)料理を画像で紹介

松葉ガニのフルコース

冬の味覚の王者・松葉ガニ料理で名高い兵庫県の老舗旅館・城崎温泉西村屋(きのさきおんせん・にしむらや)。冬場の西村屋の厨房で、多くの料理人をたばねる総料理長・高橋悦信(のしのぶ)さんは松葉蟹(マツバガニ)料理の達人。

今回は、西村屋の総料理長が生み出す旬の最高級松葉ガニのフルコース料理をご紹介します。

カニ寿司 先付けはカニ寿司。松葉がにの甘くトロリとした食感が楽しめます。

カニ刺し 続いてはカニ刺し。新鮮な活きガニを豪快にひとくちで。あまりのおいしさに思わず黙りこくってしまいます。一本だけとは言わずに、もう一本いただきましょう。

カニ味噌 生のカニ味噌はポン酢とともにいただきます。口の中に日本海の香りが広がります。濃厚でまろやかな味わいがたまりません。

松葉蟹 そしてこちら(上の画像)は茹でガニです。ご覧ください。この松葉蟹の長い脚。地元では長い脚のカニは別嬪さん(べっぴんさん)と呼ばれるそうです。

べっぴんさんのつややかな美脚。最高です。一本食べれば、また一本。カニを食べると静かにると言われるのは、このおいしさ故(ゆえ)だったんですね。

茹でガニ そしてさらに、茹でガニの腹の身を味噌といっしょに混ぜていただきます。濃厚なカニ味噌と身の甘みがまじわった奥深い味わいが楽しめます。

焼きガニ 続いては焼きガニです。まずは甲羅味噌から。そしてカニ爪。カニ脚は身が起き上がると食べごろです。焼くことでカニの甘みがよりいっそう引き立ちます。焼いたカニ脚をカニ味噌に付けて食べるとさら濃厚な旨みに変わります。

カニ鍋 最後はカニ鍋。まずはカニしゃぶで。出汁(だし)の中でカニの花が咲いたら食べごろです。ほんのり甘みのあるカニ爪。ぎっしり身が詰まった別嬪(ぺっぴん)さんのカニ脚。どれもたまらないおいしさです。

松葉蟹のフルコース 松葉ガニ料理の達人・高橋総料理長がもてなす極上のカニ料理。本場の松葉ガニのフルコースを心ゆくまで堪能できます。

城崎温泉西村屋の松葉ガニ尽くし宿泊プランを見てみる


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

賢治

投稿者プロフィール

埼玉県在住。1956年生まれ。自由業。定年前に勢いで会社を辞めて自由人になった還暦おやじ。趣味は中国古典の翻訳。家族五人

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. バイキングの宿

    バイキングの宿に家族で宿泊するなら鬼怒川温泉のあさやがおすすめです。

夏休み旅行おすすめ宿

  1. 割烹の宿 大観荘
  2. 老神温泉 吟松亭あわしま
  3. グランビュー岩井

クローズアップ記事

  1. 鉄鉱泉本館

    下諏訪温泉で源泉掛け流しの湯と食事が評判の老舗宿といえば鉄鉱泉本館

  2. 志摩スペイン村パスポート付き宿泊プランのある宿

    志摩スペイン村パスポート付き宿泊プランのある宿⇒賢島宝生苑

  3. 武雄温泉 扇屋

    料理の鉄人にも出演した宿の主人が作る懐石料理が評判の老舗旅館

  4. 鷹ノ巣温泉

    鷹ノ巣温泉の吊り橋を渡ってすぐ!新潟県の秘湯宿・鷹の巣館

ページ上部へ戻る