長野県の大町温泉郷に宿泊するなら織花がおすすめです。

安曇野

東京・新宿からJR特急スーパーあずさで松本へ。松本からJR大糸線に乗り換え穂高(ほたか)へ。雄大な北アルプスのふもと、田園風景が広がる水の里・安曇野。澄んだ空気と清らかな水に育まれた豊かな自然が旅人を出迎えてくれます。

外観

今回ご紹介するのは、安曇野の清流と山々に抱かれた名湯・大町温泉郷(おおまちおんせんきょう)にある信州の里 ときしらずの宿 織花(おりばな)。北アルプスの山並みを背にたたずむ、きめ細やかなもてなしが自慢の純和風旅館です。

客室

客室は和室と和洋室。大きく切られた窓からは、中庭越しに刻々と移ろう景色が広がり、正面にそびえるのは北アルプスの峰々。この圧倒的な眺めが宿の魅力です。客室のタイプは宿泊プランの中から選べます。1万円以下で泊まれるお得な 宿泊プラン も用意されています。

露天風呂

自慢の温泉は、ヒノキの香りが漂う広々とした内湯と、その先にしつらえられた石造りの露天風呂で堪能できます。源泉が注がれる温泉には美肌成分のメタケイ酸がたっぷり。お風呂に入って肌をさすると、肌がすべすべになっているのが分かります。

豊かな森の間近に造られた露天風呂からは、運がよければ、天然記念物のニホンカモシカなど、ここならではの自然を目にすることができます。

夕食 大町温泉郷・織花の夕食です。自然豊かな信州で育まれた食材をふんだんに使った会席料理でもてなしてくれます。焼肴(やきざかな)はイワナの塩焼き。

中皿は宿いちばんの人気メニュー・信州りんごのグラタン。信州名産のリンゴをくり抜いた中には、特製のホワイトソースをペーストし、ホタテやエピ、角切りにしたリンゴが加えられ、豊かな食感が楽しめます。

台の物は、地元産はくばの豚を使ったしゃぶしゃぶ。豊かな自然の中で育まれたヘルシーな豚肉を水菜(みずな)・マイタケ・エノキとともに、すりおろしリンゴの胡麻だれをつけていただきます(料理は季節や仕入れによって替わります)

郷土の味覚と、その個性を活かした味わい深いもてなし。満足できます。

最後に織花の動画をご紹介します。どうぞご覧ください。


大町温泉郷 織花の口コミを見てみる


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

真由美

投稿者プロフィール

埼玉県在住。1972年生まれ。主婦。水泳選手だったころの体型とは別人になったママ。趣味はカラオケ。家族四人

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 白樺リゾート

    夏休みの子供連れ旅行は白樺リゾート池の平ホテルがおすすめです。

夏休み旅行おすすめ宿

  1. 上諏訪温泉 渋の湯
  2. 伊豆高原のコテージ
  3. バイキングの宿

クローズアップ記事

  1. [オーベルゼレボー

    看板猫のいる宿|湯布院温泉オーベルゼレボーの猫ちゃんは口コミでも評判

  2. 海が見える客室露天風呂

    初めてのお泊まりデートに!伊豆高原の全室露天風呂付き隠れ宿(全5室)

  3. 西新井大師の出世稲荷

    西新井大師へ初詣。境内の出世稲荷や出店を画像で紹介

  4. 強羅公園

    女子旅におすすめ!メルヴェール箱根強羅のお風呂や食事を写真で紹介

ページ上部へ戻る