5月16日は旅の日。おくの細道の出発地からのルートは深川・千住…

小泉家(日光街道・越谷宿)

5月16日は旅の日。松尾芭蕉が『おくのほそ道』の旅に出発した日(新暦に換算すると5月16日)にちなんで、昭和63年(1988年)に、日本旅のペンクラブによって提唱されました。

『おくのほそ道』の出発地は深川(江戸)。深川から船で千住(足立区)へ。千住から日光街道で草加、春日部(粕壁)、間々田、鹿沼、日光へと向かいます。深川から日光までは三日間。一日およそ40キロ近くを歩き続けた計算になります。今なら千住から日光までは高速道路を使えば、車で2時間足らずで着いてしまいますが……。

私も当ブログの取材で、足立区から日光街道で、春日部、間々田、古河、日光などへ車で出かけましたが、そのルートを歩いて行くなんて到底無理。あらためて松尾芭蕉の健脚には敬服します。






尚子

投稿者プロフィール

東京都在住。1964年生まれ。主婦。子育ても落ち着いたので地域情報紙の編集アシスタントとして従事。趣味は旅行。家族四人+愛犬1匹

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 八ヶ岳の高原リゾート

    フレンチと美肌の天然温泉が楽しめる八ヶ岳の高原リゾート

アーカイブ

アーカイブ

ページ上部へ戻る