山口県でふぐ料理がおいしい旅館といえば湯田温泉の梅乃屋です。

山口県でふぐ料理がおいしい旅館

山口県といえばふぐ料理。ふぐの旬は「秋の彼岸から春の彼岸まで」と言われるように、冬はフグがもっともおいしい季節です。今回は、ふぐの本場・山口県で国産とらふぐのフルコースが楽しめる 湯田温泉 梅乃屋 (ゆだおんせん・うめのや)をご紹介します。

とらふぐ 梅乃屋では、市場から直送された生きたままの国産とらふぐを使用。身欠き(みがき)からすべてを手作業で行なうので、鮮度と旨みが違います。料理長みずから活き〆とらふぐを丸ごと一本さばいて作るとらふぐのフルコースなど、さまざまな 宿泊プラン が用意されています。

とらふぐ刺し とらふぐ料理といえば「てっさ」(ふぐ刺し)。活き〆したばかりのひきたてのとらふぐを一枚一枚ていねいに大皿に並べられたてっさは見た目も豪華。一枚ずつ食べるのではなく、箸で一気にすくって豪快に食べるのがぜいたくな食べ方。

ふぐの白子焼き ふぐの白子焼きは冬の時期が旬。ふっくらしたぷりぷりの食感がたまりません。

白子の茶碗蒸し ふぐの白子を使った茶碗蒸しは、ほんわりと柔らかく、出汁の旨みもきいています。

天然ふぐの唐揚げ 天然ふぐを使った唐揚げはサクサクの食感とぷりぷりの身が楽しめます。かみしめると口の中いっぱいにふぐの旨みがじゅわっと広がります。

七輪焼き とらふぐのフルコースでは、とらふぐの身や皮を使った七輪焼きも楽しめます。日本酒との相性も抜群。梅乃屋ではとらふぐ料理にぴったりの日本酒を用意してもらえます。

とらふぐ鍋 冬のとらふぐ料理の定番といえばてっちり(とらふぐ鍋)。契約農家から仕入れた無農薬野菜など吟味された食材を使っているので、 梅乃屋のてっちりは旨みとコクが違います。

雑炊 とらふぐ鍋の〆は雑炊。ふわふわの卵と旨みが凝縮された出汁の香りに食欲をそそられます。雑炊には自家製のお漬け物も付いてきます。

部屋 客室は洋室4、和洋室1、和室が37部屋。全室パス・ウォシュレット付きトイレ・シャワー・エアコン・テレビ・空の冷蔵庫付き。バリアフリー対応の部屋もあるので車椅子のかたでも安心して滞在できます。

露天風呂 お風呂は大浴場と露天風呂のほかサウナもあります。お風呂のお湯は天然温泉100%。肌によい硫黄分を多く含んだ良質な自家源泉と湯田温泉の源泉を掛け合わせた温泉を源泉掛け流しで楽しめます。皮膚の古い角質を落として、脂肪や分泌物を洗い流す効果があります。

湯田温泉 梅乃屋 梅の屋の自慢は料理だけではありません。まごころのこもったおもてなしも評判。つかず離れずの接客で心地よい滞在ができます。館内には段差がないので、車椅子のかたや年配のかたも快適に過ごせます。

とらふぐのフルコース 梅の屋では、とらふぐがいちばんおいしい季節の10月初旬から3月にかけて、とらふぐ料理が楽しめますので、山口県でとらふぐ料理と温泉を満喫するなら 湯田温泉の梅乃屋 はおすすめの旅館です。


冬の味覚の王様・ふぐを味わう旅へ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

賢治

投稿者プロフィール

埼玉県在住。1956年生まれ。自由業。定年前に勢いで会社を辞めて自由人になった還暦おやじ。趣味は中国古典の翻訳。家族五人

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 上諏訪温泉 渋の湯

    夏休みに毎日花火が見える諏訪湖畔の宿といえば上諏訪温泉の渋の湯です。

夏休み旅行おすすめ宿

  1. 一柳閣
  2. 八ヶ岳の高原リゾート
  3. 温泉付きコテージ

クローズアップ記事

  1. 車椅子で宿泊できる温泉宿

    車椅子で泊まれる宿(リフト付き貸切風呂)長野県 ホテル玉之湯

  2. 蓼科・湖畔の高原リゾートホテル

    北陸新幹線で行く温泉旅行!信州蓼科・湖畔の高原リゾートホテル

  3. 武道館に近い宿

    武道館に近くて安いホテル|アパホテル東京九段下

  4. 大江本家

    大江本家の予約は宿泊プランが豊富なネットがおすすめです。

ページ上部へ戻る