湯西川温泉で露天風呂と炉端料理が評判の宿といえば花と華ですね。

花と華

野岩鉄道(やがんてつどう)会津鬼怒川線・湯西川温泉駅(ゆにしがわおんせんえき)から宿の送迎バスで約25分。福島との県境・山深い渓谷にひっそりと湧く栃木県の秘湯・湯西川温泉。今回ご紹介するのは、湯西川温泉 花と華(はなとはな)。昔ながらの門をかまえる老舗旅館です。

囲炉裏 宿に到着。ロビーに入ると囲炉裏が旅人をあたたかく迎えてくれます。

客室 宿泊棟は4棟あり、趣の異なる9種類のお部屋(和室と洋室)が用意されています。上の写真は和室。ゆったりとした造りのお部屋で、窓からは四季折々の湯西川の自然を見ることができます(客室のタイプは 宿泊プラン の中から選べます)

旅の荷をほどいたら宿自慢の温泉へ

檜の湯 こちら(上の写真)は檜の湯。湯船はもちろん壁にも檜(ひのき)を使ったぜいたくな内湯です。泉質は無色透明のアルカリ性単純温泉。昔から美肌の湯としても知られる名湯で、神経痛や関節痛などに効能があると言われています。木の香りとぬくもりが心と体をくつろぎに誘う檜風呂です。

露天風呂 檜の湯の外には露天風呂もあり、開放的な雰囲気の中、温泉を楽しむことができます。渓谷に面した野趣あふれる露天風呂。雄大な自然を眺めながらの湯浴みは、心と体をリラックスさせてくれます。秋は絶景の紅葉が見られます。

貸切風呂 さらに、内湯と露天風呂の二つの湯船をひとり占めできるぜいたくな貸切風呂もあります。岩を伝うお湯を滝に見立てた風情ある露天風呂。瀬音(せおと)に耳を傾けながら今日一日の旅を振り返るのもまた一興(いっきょう)です。

味噌造り道場 花と華は、もともと湯西川で代々続く味噌造りの老舗。その味噌の仕込みを「味噌造り道場」で見学することができます。

味噌造り 使っているのは国産のに大豆と米麹(こめこうじ)。味噌は通常、一年発酵させればできあがりますが、花と華では2年間、熟成させています。2年間熟成させることで味がまろやかになるのだそうです。食事のときに、このこだわりの味噌を味わうことができます。

夕食 湯西川温泉・花と華の夕食です。もてなしは、炉端でいただく名物・平家お狩場焼き。昔、狩りに行くさい、焼いた石の上で獲物を調理したり、串焼きにして食べたりしたのが由来と言われています。

囲炉裏 お狩場焼きは、宿自慢の一升味噌(いっしょうみそ)とともにいだきます。

鉄板焼き会席 霜降りの牛肉を使ったとちぎ和牛はステーキで。昔の石焼きに見立て、熱々に熱した鉄板の上で、調理人が客の目の前で豪快に焼いてくれます。栃木ならではの極上の食材が味わえる夕食です。

岩風呂 翌朝は朝食前に朝風呂へ。こちら(上の画像)は大きな岩を積み上げた岩風呂。目覚めたばかりの体に美肌の湯が染み渡ります。

雪見露天風呂 平家伝説の残る湯西川温泉の名湯を10種類のお風呂で楽しめる花と華。隠れ里の雰囲気を今に残す山峡の秘湯宿です。

湯西川温泉 花と華の宿泊プランを見てみる

真由美

投稿者プロフィール

埼玉県在住。1972年生まれ。主婦。水泳選手だったころの体型とは別人になったママ。趣味はカラオケ。家族四人

この著者の最新の記事

関連記事

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ

ピックアップ記事

  1. 温泉付きコテージ

    夏休みの家族旅行に!安曇野の大自然を満喫できる温泉付きコテージ

アーカイブ

夏休み旅行おすすめ宿

  1. 塩原温泉の湯宿
  2. 白樺リゾート
  3. 上諏訪温泉 渋の湯

クローズアップ記事

  1. 大沢温泉 菊水舘

    大沢温泉 菊水館の部屋・風呂・食事などを画像で紹介<岩手県花巻市>

  2. 間々田八幡宮御朱印

    間々田八幡宮で御朱印をいただいてきました<栃木県小山市>

  3. 金目鯛の姿煮

    西伊豆の金目鯛の煮付けが美味しい宿|弓ヶ浜いち番館

  4. 山里のいおり 草円

    囲炉裏で飛騨牛料理が楽しめる岐阜県・福地温泉の古民家再生宿

アーカイブ

ページ上部へ戻る