大間のマグロ尽くし料理が食べられる青森県・大鰐温泉の宿

星野リゾート界津軽

津軽の奥座敷として800年近くの歴史をもつ青森県の大鰐温泉(おおわにおんせん)。今回ご紹介するのは、山の中腹にたたずむ 星野リゾート界津軽(ほしのりぞーとかいつがる)

冬の時期は雪見露天風呂とマグロの王様・大間(おおま)のマグロ尽くし料理が楽しめる高級温泉旅館です。

ロビーラウンジ 星野リゾート界津軽へのアクセスはJR大鰐温泉駅から宿の送迎車で約5分。宿に到着すると、ロビーでは、日本画の巨匠・加山又造(かやままたぞう)が描いた壁画(『春秋波濤』しゅんじゅうはとう)が出迎えてくれます。

客室 こちらの写真の客室は、山の静寂に包まれた離れ・津軽こぎんの間。客室には津軽の伝統工芸・こぎん刺しが至るところに盛り込まれています。あたたかみのある魅力的なお部屋です。

こぎん刺し 上質で落ち着きのあるこぎんの掛け軸。そしてこぎん模様の障子の先は雪景色。冬の青森ならではの景色です。しみじみと冬の風情にひたれば見も心も癒されます(客室のタイプは 宿泊プラン の中から選べます)

りんご風呂 開湯以来、あまたの湯治客に親しまれてきた大鰐(おおわに)のいで湯。冬場、大浴場ではリンゴ風呂が楽しめます。しんしんと降りしきる雪に囲まれ至福のひとときを過ごせます。

雪見露天風呂 リンゴが浮かぶ古代檜の湯では雪見露天風呂の中で湯浴みが楽しめます。ほんのりと、とろみのあるやわらかなお湯は、肌もしっとりと潤うほまれ高き美肌の湯です。

食事処 お待ちかね、星野リゾート界津軽の夕食は食事処で。窓際の席は、ライトアップされた庭園の雪景色が楽しめます。これも冬だけに味わえるごちそうです。

大間のマグロ尽くし会席 夕食は、冬に旬を迎える大間のマグロが主役。趣向を凝らした料理長の自信作が宿泊客をもてなします。

大間マグロの羽二重造り まずは一品目。津軽らしくリンゴの器に盛られて運ばれてきた先付(さきづけ)は、大間のマグロの羽二重造り(はぶたえづくり)。大間のマグロの中に、裏ごししたリンゴのお酢で作った酢飯(すめし)が入った逸品です。

大間マグロの三点盛り お造りは大間のマグロの三点盛り。中トロ・赤身・たたき…。たたきは海苔にくるんでオリーブオイルとお塩のたれでいただきます。

大間マグロのねぎま鍋 メインは大間マグロのねぎま鍋。刺身でも味わえる大間のマグロの中トロと赤身をぜいたくにお鍋へ。津軽海峡の恵みが入った鍋はおなかの底から温まります。

大間マグロの握り寿司 仕上げは大間のマグロの真骨頂と呼ぶにふさわしい中トロと赤身の握り寿司。きめ細かなサシの入った大間マグロの中トロは口の中に入れるととろけます。

大間マグロ尽くし会席 大間のマグロ尽くしの料理と郷土の豊かな幸が存分に味わえる宿のもてなし。まさに雪国の宿に旨いものあり。満足できます(料理は季節や仕入れによって替わります)

津軽三味線ライブ 夕食のあとは、ロビーで津軽三味線の生演奏が楽しめます。演奏するのは津軽三味線全国チャンピオン・渋谷幸平(しぶやこうへい)氏と宿のスタッフ。空気を震わす独特の音色は圧巻です。

星野リゾート界津軽の津軽三味線ライブの動画です。


星野リゾート界津軽の口コミを見てみる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

尚子

投稿者プロフィール

東京都在住。1964年生まれ。主婦。子育ても落ち着いたので地域情報紙の編集アシスタントとして従事。趣味は旅行。家族四人+愛犬1匹

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 白樺リゾート

    夏休みの子供連れ旅行は白樺リゾート池の平ホテルがおすすめです。

夏休み旅行おすすめ宿

  1. 熱川ホテルカターラ
  2. 老神温泉 吟松亭あわしま
  3. 一柳閣

クローズアップ記事

  1. 季粋の宿 紋屋

    赤ちゃん連れ旅行で千葉に行くなら南房総白浜の紋屋がおすすめです。

  2. 山田温泉・山田館

    松川渓谷にたたずむ山田温泉の老舗旅館といえば山田館です。

  3. 水上温泉 松乃井

    謎の美女・祥子さんがテレビの旅番組で宿泊した水上温泉の人気宿

  4. 一心行の大桜

    一心行の大桜の見頃とお花見にアクセス便利な温泉宿

ページ上部へ戻る